No.00254 Transition

エドワーディアンのアクアマリン・バーブローチのイメージビジュアル

 

ーブローチ アンティーク・ジュエリー
←実物大
ブラウザによって大きさが違いますが、1円玉(直径2cm)を置いてみれば実物との大小の比率が分かります。
エドワーディアンのミル

『Transition』
エドワーディアン アクアマリン バー・ブローチ

イギリス 1910年頃
アクアマリン、ローズカット・ダイヤモンド、プラチナ&ゴールド(18ct)
長さ5,8cm×1,2cm
重量4,4g
アクアマリンの大きさ1,3cm×0,8cm

SOLD

人類による汚染のない、まるで絶海の孤島の清らかな海のような清涼感溢れる水色のアクアマリンのバー・ブローチです。美しさと大きさを両立した、今までで最も美しいアクアマリンに相応しい作りはヴィクトリアンからエドワーディアンへと時代が移り変わる過渡期ならではのものです。画期的な新素材プラチナ、そして技術が失われる前の最後の最高の金細工による極上の作りは、時代が大きく変わる過渡期のその一瞬だからこそ生み出された奇跡の芸術です。

この宝物の5大ポイント

エドワーディアン アクアマリン バーブローチ アンティーク・ジュエリー

正面から見るとアールデコ後期?とさえ感じるほど時代を先取りした、シンプルかつスタイリッシュなデザインのバー・ブローチですが、この宝物には時代がダイナミックに移り変わる過渡期にしか生み出されることのない素晴らしい魅力があります。この宝物を理解するために抑えておくべきポイントは以下の5つのポイントです。

1.バー・ブローチという横長のスタイル
2.ゴールドからプラチナへと主流が移る過渡期の作品
3.大きくて美しいブルーの極上のアクアマリン

1. スタイリッシュな横長のバー・ブローチ

ーブローチ アンティーク・ジュエリー
現代では使いこなせる人が少ないせいか、ブローチ自体が一般的にはあまり人気が高くなく、どうやって使ったら良いのか分からない方が多そうなバーブローチですが、19世紀後期からアールデコまでの時代にはとても人気があったスタイルです。

-ヴィクトリア時代におけるブローチの人気-

レアな教会のカーブド・アイボリー アメシスト&シトリンの蝶のブローチ 循環する世界をモチーフにしたアンティークジュエリー
『教会のある風景』
カーブドアイボリー・ブローチ
ドイツ 1840年〜1850年頃
¥285,000-(税込8%)
『美しき魂の化身』
蝶のブローチ

イギリス(推定) 1870年頃
¥1,580,000-(税込8%)
『循環する世界』
ギロッシュエナメル・ブローチ
イギリス 1880年頃
¥380,000-(税込8%)

もともと着ける位置を変えるだけで様々なオシャレを楽しめるブローチは、ヴィクトリア時代に非常に人気がありました。大量生産の工業生産品である現代ジュエリーだと消耗品に等しく、お金さえあればいくらでも同じものを手に入れることができるので想像しにくいのですが、昔の王侯貴族がオーダーしていたクラスのジュエリーは同じものを手に入れることは不可能な貴重な素材を使っていることも少なくありません。

アーリー・ヴィクトリアンの宝石の蝶々のブローチ

また、1つの作品を制作するために相当な手間と時間もかかるため、いくら王侯貴族といえども気軽にいくつもオーダーすることは難しかったのです。

「財力にモノを言わせて作ってもらえば良いのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、そうもいかないのです。

『黄金の花畑を舞う蝶』
色とりどりの宝石と黄金のブローチ
イギリス 1840年頃
¥350,000-(税込8%)
シャンルベエナメルが美しい19世紀のフランスの懐中時計

どの業界でも、その中でのトップクラスの仕事をできる人は世界でもほんの一握りです。

いえ、トップの仕事をするということは、時代ごとにそれができる職人はただ一人しかいないと言って良いほどです。

GENがこの時計を買い付けた時も、オーバーホールで相当難儀したそうです。

ロンドンでトップと言われている職人でも現代では「動けば良いだろう」程度の仕事しかできないらしく、本物の世界一の職人に見せたところ酷い修理が施されていたそうです。

"酷い修理"はむしろ破壊に等しいのでやらない方がマシなくらいです。

鍵巻き式クロワゾネエナメル懐中時計
エナメル:スイス又はフランス 1840年頃
ムーブメント:フランス 1840年頃
SOLD
シャンルベエナメルが美しい19世紀のフランスの懐中時計

結局相当なお金と時間をかけて完璧に修理できましたが、予想を遙かに超えるコストでGENも全く儲からず、時計について勉強できたことと、素晴らしい宝物を次のオーナーに自信を持って託せたことだけが救いだったようです。

もちろん時計職人もぼったくった費用を請求しているわけではなく、腕や修理のための設備を維持したり、弟子を育てるための経費を今の世の中で確保するだけでもかなり大変なはずです。

そこまで古くない時計や、クオリティ的に大したことのない時計の場合はそこまでの仕事レベルは必要としないため、そのような時計の持ち主だと「あそこは高すぎる。」と非難する場合も少なくありません。

シャンルベエナメルが美しい19世紀のフランスの懐中時計のサイド
竪琴を奏でる天使のアールデコのラペル・ウォッチ

そういう人たちだらけになると最早このレベルの仕事は成り立たなくなりますが、やはり仕事を理解できる人たちはまだ少なからず存在し、高額な費用も理解し、その職人でしかできないオーバーホールを依頼するのです。

その結果、その職人には仕事が殺到して1年半以上待ちです。

世界トップの仕事をする人には仕事が殺到しますが、一人の人間ができる手仕事の量は限られています。

鍵巻き式クロワゾネエナメル懐中時計
エナメル:スイス又はフランス 1840年頃
ムーブメント:フランス 1840年頃
SOLD

人を雇い、ブランド名だけ語って中身は別の人がやる。こういうことは結構少なくありません。仕事が殺到すると、もっと儲けたいという欲は誰にでも出てき得るものです。

欲に負け、最初は儲かっても質の低下に気づいた上質な顧客が離れていき、結局はブランド名でしか判断しない質の悪い客ばかりしか来なくなります。そういう連中は"質"なんて分からないので、とにかく値引きを要求します。質のよい仕事をしてもらっても理解できないので、"上質"ではなく"安さ"を提供してもらうことにのみ価値を感じるからです。

一度信用を無くした、質を望む上質な顧客の信用を再び得ることは容易なことではありません。結局目の前の客の要望に応えるしかなく、価格を下げます。ただし同じ質のものを同じ価格で提供するのは、当たり前ですが不可能です。だから見えないところでこっそりと、さらに質を低下させます。最終的には飽きられ、またはレベルの低い客ですら見向きもしないレベルに劣化し、事業継続が不可能となり職人と共に技術も消えていくのです。

約2カラットのオールドヨーロピアンカット・ダイヤモンド ブローチ アンティーク・ジュエリー

最高の職人が神懸かり的な集中力や技術、そして手間をかけ、王侯貴族のためにごく少数のジュエリーを制作していた時代に於いては、1つで様々な着けこなしができるブローチが最も人気アイテムだったのは当然のことなのです。

20世紀に入るとネックレスの比率がどんどん増えていき、現代ではブローチはかなりマイナーな存在です。

それでも少数の人には根強い人気があるのですが、優れたファッションセンスを持つ人にとってはブローチは非常に魅力があるということでしょう。

『財宝の守り神』
約2ctダイヤモンドのブローチ
フランス 1870年頃
¥5,800,000-(税込8%)

-19世紀後期における横長スタイルのブローチの流行-

ヴィクトリア女王145cmに満たない身長ながら、結婚前で体重56kg、1880年代には76kgまで増加するほど太りやすい体質でした。

ヴィクトリア女王の喪服
ヴィクトリア時代 ドレス クリノリン クリノリン 風刺画 パロディー comic almanack
イギリスの風刺雑誌 The Comic Almanack による、巨大なクリノリンのパロディー(1850年)

詳細は『PURE LOVE』でご説明していますが、そんなヴィクトリア女王が若い女性たちにとってファッションリーダーだったミッド・ヴィクトリアンにおいてはウエストを細く見せるためにクリノリンを使ったファッションが流行しています。

右上は極端な風刺にも見えますが、巨大化したクリノリンによって引っかかりによる転倒、暖炉などの火がスカートに引火することによる火傷など、事故も多発しています。一説には年間3,000人がクリノリンによる事故で死亡し、2万人が事故に遭ったと言われており、実際にかなりボリュームあるドレスだったと推測できます。

そんなわけで、この時代はボリュームあるドレスに負けないジュエリーが必要となり、ミッド・ヴィクトリアン独特のゴテゴテした成金趣味のジュエリーが大流行したのです。

ヴィクトリアンも中期になると産業革命によって台頭してきた中産階級の需要によって、ジュエリーの大衆化も始まっているので、派手なだけの安物も目立ち始めます。

高級品、低級品に共通して言えるのが、とにかくボテっとして派手に見えることです。

ノルウェー皇太子ホーコン7世と娘であるノルウェー皇太子妃モードの肩に手をかけるイギリス皇太子妃アレクサンドラ・オブ・デンマーク

しかしながら『エレガント・サーベル』でご説明した通り、1861年にアルバート王配が崩御して以降ヴィクトリア女王は喪に服して引き籠もりました。

これによってヴィクトリアン後期はファッションリーダーがヴィクトリア女王夫妻から皇太子バーティ(エドワード7世)夫妻へと移っていきます。

皇太子妃アレクサンドラは6人の子供を産んでいるはずですが、左の写真の通り、52歳にしてこれだけの細いウエストを保つほどスタイルが良いです。

左:ノルウェー皇太子ホーコン7世、中央:イギリス皇太子妃アレクサンドラ、右:ノルウェー皇太子妃モード(1896年)
ウエストのくびれが驚異的なノルウェー王妃モード

ヴィクトリアン後期にファッションリーダーとして最も注目を集めそうな年代のロイヤルファミリーと言えば、エドワード7世とアレクサンドラの子供たち世代が相当します。

不摂生な生活をしたわけでもないのに太ると嘆いていたヴィクトリア女王の遺伝子はどこへ行ったのやら、エドワード7世の末娘モードもこのスタイルの良さです。

ノルウェー王妃モード(1869-1938年)
アーツ&クラフツの影響が見えるS字型ラインのアンティークのウェディングドレス

ヴィクトリアン後期は豊かな胸元と極細のウエストを持つスタイルの良い女性が理想とされる時代となり、そのようなスタイルの女性を惹き立てるファッションがトレンドとなっていきました。

そしてドレスの変遷に合わせ、ジュエリーも洗練されたスタイリッシュなものになっていったのです。

製造国:イギリス(ロンドン)
年代:1870〜1880年代
メゾン:王室御用達 Bradley社(1870年創業)
価格:お問合せください
天然真珠を使ったエトルスカンスタイルのゴールドのバー・ブローチ

その一例がこのような横長のスタイルのブローチです。

横長になっただけでも、ミッド・ヴィクトリアンのジュエリーには見ることがなかった洗練された雰囲気がどことなく漂ってきます。

『真珠の花』
エトルスカン・スタイル ブローチ
イギリス 1870年〜1880年頃
SOLD
ケルティック・スタイル アーツ&クラフツ バー・ブローチ

エトラスカン・スタイルのブローチだけでなく、ケルティック・スタイルの作品など、様々なジャンルで横長スタイルのブローチが制作されています。

『ケルトの聖火』
ケルティック・スタイル アーツ&クラフツ ブローチ
イギリス 1880年頃
SOLD
ウラル産デマントイド・ガーネットとダイヤモンドのバーブローチ

ここまで洗練されると、エドワーディアンやアールデコの時代の足音も聞こえてきますね。

『Demantoid Flower』 
デマントイド・ガーネット&ダイヤモンド バーブローチ
イギリス 1880年頃
SOLD

ちなみにヴィクトリア時代はバー・ブローチをどのように使っていたのかというと、首の詰まった服の襟元に水平に着けていたようです。

バー・ブローチを着用したヴィクトリア時代の女性
バー・ブローチを着用したヴィクトリア時代の女性
やはり横長というスタイルは共通しながらも、モチーフは様々だったようです。流行とは言っても、同じブランドや同じモチーフ、同じデザインのような個性がないジュエリーではなくそれぞれに個性があり、それぞれにとっての宝物で最大限オシャレを楽しんでいることが伝わってきますね。
バー・ブローチを着用したヴィクトリア時代の女性

それぞれの個性で重ね付けを楽しんだりもしていたようです。現代では私自身もそうでしたが、見るに堪えない安っぽく無個性な現代ジュエリーのせいで、ジュエリー自体に興味を持つ人も少なくなっているようです。そのせいでジュエリーを必要としない洋服が主流となっています。優れたジュエリーが作られていた時代は洋服だけではファッションは完成せず、ジュエリーと組み合わせて初めて完成するものだったと想像します。センスに自信がない人には大変な時代ですが、センスに自信がある人にとってはとても楽しい時代だったに違いありません。

-アールデコにおけるバー・ブローチの流行-

アールデコのカリブレカット・ルビーのバー・ブローチ

アールデコ カリブレカット・ルビー バー・ブローチ
ヨーロッパ 1920年頃
SOLD

19世紀後期に流行したバー・ブローチは20世紀に入ってからも、洗練された時代エドワーディアン、スタイリッシュなアールデコの時代に引き続き流行しました。

アールデコのバーブローチは横長の直線という様式はそのままに、幾何学的なパターンが強調されたり、よりシンプルでスタイリッシュなデザインとなっていたり、宝石を生かすスタイルのものが多く作られています。

非加熱パパラチア&非加熱ピクスピネルのアールデコのバー・ブローチ
アールデコ ピンクスピネル&パパラチア バーブローチ
ヨーロッパ 1930年頃
SOLD

宝石を生かすスタイルの作品が多いのは、画期的な新素材プラチナがジュエリーの一般市場に普及した影響が大きいです。

南アフリカのダイヤモンドラッシュ(※参考)によって1870年代以降は上質なダイヤモンドがたくさんヨーロッパにもたらされました。

アールデコのマーキーズカット・ダイヤモンドのバー・ブローチ
アールデコ マーキーズカット・ダイヤモンド バー・ブローチ
ヨーロッパ 1930年頃
SOLD

プラチナが普及する以前は、ダイヤモンドはその白い輝きを邪魔せぬようシルバーでセッティングするのが常でしたが、白い金属プラチナはダイヤモンドの輝きをより一層際立たせる上に、粘りけのある性質が石留にも非常に向いていたのです。

目新しさもあり、プラチナの出現によって宝石主体のジュエリーが大人気となったのです。

"宝石"は"細工物"に比べて見た目で分かりやすいため、それまで高級ジュエリーの主な購買層だった、高い教養と美意識を持つ王侯貴族が力を落とし、教養を持たない新興富裕層向けという時代のニーズにもマッチし、宝石主体のジュエリーが一気に主流となったのです。

もちろんそういう成金向けのジュエリーはヘリテイジでは扱いません。アールデコ後期ともなると優れたジュエリーは制作数自体が少ないですが、それでもセンスや教養の高さが光る、細工の優れたジュエリーがギリギリこの時代までは存在します。

アールデコのロニエットを持つ女性

女性がコルセットから解放されたアールデコの時代ともなると、19世紀とはファッションもかなり変化しています。

アールデコの時代にバー・ブローチがどのようなファッションでコーディネートしていたかは分かりませんでしたが、現代の女性と変わらないファッションで楽しんでいたのかもしれません。

ジャケットの襟に付けてもカッコ良いです。

アールデコの女性(1920年代)
アールデコのカクテルを楽しむ華やかな女性たち
アールデコ期の女性たち

ストールに付けたり、ドレープのある服のポイントに付けても合いそうです。狂騒の時代と言われる、若くエネルギーに溢れる女性たちが人生を謳歌したこの時代の女性たちも、それぞれ個性溢れるファッションを楽しんでいることが伝わってきます。どんな時代のどんなファッションでも、センスさえあればバー・ブローチは楽しいアイテムだったに違いありません。

実はGENもスタイリッシュなバー・ブローチは一番好きなアイテムらしく、これまでもバー・ブローチが入荷するたびに「これをカッコ良い女性にスタイリッシュに使いこなして欲しい。」、「こういうものを選べる人は間違いなくセンスが良い。」、「バー・ブローチを使いこなせる女性が好き。」なんて言うくらいの熱の入れようでした(笑)

2.ゴールドからプラチナへと主流が移る過渡期の作品

エドワーディアン アクアマリン バーブローチ アンティーク・ジュエリー

ヴィクトリアン後期とアールデコのバー・ブローチの特徴をご説明しましたが、このアクアマリンのバー・ブローチはエドワーディアンの作品です。高級ジュエリーのメインの素材がゴールドからプラチナに移る過渡期とも言えるエドワーディアンは、パッと見た時にデザイン的には感覚的にアールデコに近くても、この時代ならではの特徴があったりします。

-プラチナとゴールドを一緒に使う面白さ-

1910年代のジュエリーの革のオリジナルケース エドワーディアンの天然真珠のバー・ブローチ
エドワーディアンの天然真珠のバー・ブローチのサイド

エドワーディアンの特徴は何といってもプラチナにゴールドバックの作りですね。ジュエリーの一般市場に出始めた頃のプラチナは金より遙かに高価な素材でした。だからそれぞれ叩いて鍛えた金の板とプラチナの板を蝋付けで貼り合わせ、それからジュエリーに加工していたのです。手間を考えると相当人件費(加工賃)がかかりそうなものですが、人件費を考えてもおつりが出るくらいプラチナが高かったということなのです。

プラチナの価格が下がってくるアールデコの時代になると、即プラチナにゴールドバックのこのスタイルは姿を消します。それはこの加工によって相当に人件費が高くついていた証でもあります。

-プラチナ細工×金細工 コラボレーションの魅力-

エドワーディアンの天然真珠のバー・ブローチ
ゴールド バー・ブローチ
フランス 1910年頃
天然真珠、オールドヨーロピアンカット・ダイヤモンド、ローズカットダイヤモンド、18ctゴールド、プラチナ
SOLD

正面から見るとオールプラチナのジュエリーに見えるようなデザインのジュエリーだけでなく、一部だけにプラチナがデザインされた作品もあります。

高級素材プラチナが強調されるデザインなので、当時の人たちにとっては一目でかなりお金のかかった贅沢なものだと分かったはずです。同時代に史上最も評価が高かった天然真珠(※参考)が4つも使われていることからも、このバー・ブローチが高級品として特別に作られたことが分かります。

エドワーディアンの天然真珠のバー・ブローチ

そのような素材の観点からの面白さもあるのですが、それ以上に面白いのが細工物としての魅力です。

プラチナが一般的になり、宝石ジュエリーが主流となると金細工のジュエリーは時代遅れのスタイルとして制作されなくなり、優れた技術は儚くも失われてしまいます。

エドワーディアンでは19世紀の優れた金細工技術がまだ残っており、この作品にも高級品にしか見られない素晴らしいマット仕上げと、見事な透かしの金細工が施されています。

そこにプラチナならではのダイヤモンドのセッティングやミルワークが加わって、実に面白いのです。

エドワーディアンのカリブレカット・サファイアのバー・ブローチ

カリブレカット・サファイア バー・ブローチ
ヨーロッパ 1900年〜1910年頃
7cm×0,3cm(最小巾0,2cm)
SOLD

この作品もエドワーディアンならではの細工の魅力があります。

カリブレカットという特殊な石留のサファイアもその1つですが、それ以外に正面からは見えないブローチのサイドにご注目ください。

エドワーディアンのバー・ブローチのサイドの彫金 こんなに細い部分に丁寧に彫金が施されています!
エドワーディアンのバー・ブローチのサイドの彫金

繊細な彫金細工は拡大すると繊細なイメージが伝わらないのであまり拡大したくない気もしますが、厚さ僅か2mmしかない細いバー・ブローチにこれだけの彫金を施すなんて驚異的な技です。しかも正面ではなく見えないサイドの部分なのに、これこそ美意識が高く、尚且つ細工物の価値を理解できる人だけのためのハイクラスのジュエリーだと嬉しくなります。

アンティークのカリブレカット・サファイアのセッティング

ゴールドとプラチナのフレームのそれぞれ緻密で素晴らしいミルワークを見ても、このバー・ブローチがいかに高級なものとして作られたかが伝わってきます。

エドワーディアンのカリブレカット・サファイアのバー・ブローチ

プラチナが主流になると消えていく優れた金細工と、始まったばかりの最先端の技術が使われたプラチナ細工のコラボレーション。これこそがゴールドからプラチナに主流が移り変わる、過渡期だからこそ生み出すことができた奇跡の芸術作品と言え、たまらない魅力を感じます。

特に見えないサイドの部分にここまでの細工を施すのは余程の美意識と財力を持てる人でないと、オーダーは不可能です。だからこのようなタイプは市場でも殆ど見ることはないのです。

-傑出した作品が生み出されやすい『過渡期』-

イタリア考古学風ジュエリー 古代エジプトのアメン神の化身「雄羊」を表現したエトラスカンスタイルのラムズヘッドのアンティークのゴールド・プチ・ペンダント ヘキサンゴン・カット・サファイア   のエドワーディアンのネックレス アールデコのホワイトゴールドのダイヤモンド・ペンダント
ヴィクトリアン後期 エドワーディアン アールデコ

ジュエリーはファッションの流行が反映されるため、デザインにも時代ごとに特徴があります。ヴィクトリアンは多様性に富む時代だったので『RAMS HEAD』だけでヴィクトリアン後期を表せるわけではありませんが、優れた金細工を生かしたクラシックな雰囲気が代表的な特徴の1つです。

『エレガント・ブルー』は、まさにエドワーディアンらしさを体現した作品です。洗練された雰囲気、曲線の美しさがありながらもアール・ヌーヴォーの退廃的な雰囲気とは異なる、躍動感も感じる勢いのあるデザイン。そして最後の王侯貴族の時代を感じる、洗練された雰囲気と気品。

アールデコは王侯貴族ではなく新しい層が世の中を牽引する勢いある、新しい時代らしい勢いを感じるスタイリッシュで未来的な直線デザインが特徴です。

それぞれがそれぞれの時代らしさを反映した作品です。でも、時代がすべてがスイッチのように切り替わるわけではありません。時代区分の定義は後生の人たちによる後付けに過ぎません。

エドワーディアンのジュエリー
ヘキサンゴン・カット・サファイア   のエドワーディアンのネックレス エドワーディアンの天然真珠&ダイヤモンドを使ったスタイリッシュなアンティーク・ネックレス エドワーディアンの天然真珠&ダイヤモンドのストライプ・デザインのペンダント
ミッド・エドワーディアン エドワーディアン〜アールデコの過渡期

安定して次第に目新しさがなくなり飽きてくる。そんな膠着した時代のどこかで新しい風が吹き始める。その風に魅力があれば、一気に世の中に広がっていきます。そうして時代が移り変わる。新しい魅力的な風が発生し、世の中に広がるまでの、ダイナミックに時代が移り変わる特殊な期間が『過渡期』に相当します。

このダイナミックな時代は旧時代と新時代の特徴を持つ、エネルギー溢れる魅力的な芸術作品が多く生み出されるのが特徴です。エドワーディアンの作品を3つ並べてみました。右の2つはエドワーディアンからアールデコに移り変わる過渡期の作品です。

それぞれアールデコの特徴を感じさせる直線的な美しさや、幾何学的なデザインなどの特徴を備えています。左のエドワーディアンらしいクラシックな雰囲気を持つ作品とは一線を画す、新たな時代を感じるスタイリッシュさが感じられます。

-ヴィクトリアンからエドワーディアンへの過渡期のジュエリー-

エドワーディアンの天然真珠のバー・ブローチ エドワーディアンのカリブレカット・サファイアのバー・ブローチ
ヴィクトリアン〜エドワーディアンの過渡期のジュエリー

エドワーディアンからアールデコに移り変わる過渡期のジュエリーには、作りはエドワーディアンながらデザインにアールデコの特徴として現れていましたが、ヴィクトリアンからエドワーディアンに移り変わる過渡期のジュエリーの特徴の1つが優れた金細工とプラチナ細工のコラボレーションです。

ーブローチ アンティーク・ジュエリー
今回のアクアマリンのバー・ブローチはまさにその過渡期の作品なのです。

-プラチナ細工の魅力-

エドワーディアン アクアマリン バーブローチ アンティーク・ジュエリー

正面から見ると、ゴールドバックが特徴の通常のエドワーディアン・ジュエリー同様プラチナジュエリーに見えます。バー・ブローチの両側は敢えてミルなどの装飾を一切施さず、シンプルなデザインにしてあるからこそプラチナの硬質な白い輝きが強調され、当時の最高級素材プラチナが目立つようになっています。ちなみにアクアマリンのフレームがゴールドなのは、当時カラーストーンにはゴールドを使うのが慣習だったからです。

非加熱アクアマリンが付いたゴールドの彫金が美しいエドワーディアンのトランジションジュエリー
シンプルなデザインの両サイドとは打って変わって、アクアマリンの両脇のプラチナ・ワークは実に丁寧な細工が施されています。透かしのデザインやミル・ワーク、ローズカット・ダイヤモンドの丁寧な石留がプラチナならではの美しさを感じます。
非加熱の天然アクアマリンのバー・ブローチ アンティーク・ジュエリー
エドワーディアンはプラチナにゴールドバックの作りが特徴で、バーブローチの両サイドは通常のプラチナにゴールドバックの作りなのですが、実はこのバー・ブローチのアクアマリン両脇部分はオール・プラチナの作りになっています。
非加熱の天然アクアマリンのバー・ブローチ アンティーク・ジュエリー
普通のゴールドバックのエドワーディアン・ジュエリーよりも、この部分はプラチナが厚いのです。
ーブローチ アンティーク・ジュエリー
裏側から見ると、この部分だけはゴールドバックではなく薄いプラチナの板だけでできていることが分かります。通常はあり得ない作りなのです。
ーブローチ アンティーク・ジュエリー
この作品はアクアマリンもかなり良い石が使われているのですが、脇石のローズカットダイヤモンドもクリアでカットも美しい上質な石が使われています。ゴールドバックにするとどうしても金の色を反映し、ダイヤモンドが黄ばんで見えることがあります。それを嫌い、わざわざクリアなダイヤモンドが完璧に白く見えるよう、超高額なプラチナを贅沢に板の厚さで使ってダイヤモンドをセッティングしたのです。
雫型オパールとシャンパンカラー・ダイヤモンドのネックレス

詳細は『目眩ましのダイヤモンド』でご説明していますが、同じ思想が見られるのが同じくエドワーディアンに制作されたこの『シャンパーニュ』です。

『シャンパーニュ』
雫型オパール ネックレス
イギリス 1910年頃
SOLD
雫型オパールとシャンパンカラー・ダイヤモンドのネックレスの裏側 雫型オパールとシャンパンカラー・ダイヤモンドのエドワーディアンのネックレス アンティークジュエリー

円形にカットされた、クリアで大きめの4つダイヤモンドに注目すると、このダイヤモンドのフレームだけはゴールドバックではなくオールプラチナで作られていることが分かります。

正面から見た時に、ゴールドの色味が反映されないので際だって白いことがお分かりいただけると思います。

だからこそ一番上のシャンパンカラー・ダイヤモンドもより鮮やかに見えます。

相当な高級品でしか見ることはありませんが、エドワーディアンに作られたものでもプラチナを贅沢に使った作品がごく一部存在するのです。

デザインや石ころだけで判断する人には分からない、分かる人だけにはとっても楽しい世界です♪

裏側 正面
ーブローチ アンティーク・ジュエリー
このバー・ブローチのローズカットダイヤモンドも裏側にゴールドがないので、クリアな白い輝きが見事です。メインであるアクアマリンの美しさを邪魔せぬよう、敢えて迫力ある煌めきが魅力であるオールドヨーロピアン・カットは使わず、透明感と繊細な輝きが魅力のローズカット・ダイヤモンドを名脇役として使用しているのです。
エドワーディアンのミル

プラチナの薄い板だからこそ、すかし細工の中央部分を少しだけ持ち上げてアクアマリンのフレームに取り付けてあります。

2次元で表現する画像ではその魅力は伝わりにくいのですが、実物を見るとこのちょっとした立体感が全体の雰囲気に高級感を与えているのです。

非加熱 アクアマリン アンティーク

プラチナに打たれたミルの美しさも、エドワーディアンからアールデコの最高水準と断言出来る見事さです。

ミルの一つ一つの頭が、奇麗な半球状にヤスリで仕上げられていることがはっきりと分かります。

手間が2倍かかるため特別な高級品にしか見られない、ミルが二重になったダブル・ミルも施されています。

一切の乱れのない完成度の高い細工は当時の持ち主のみならず、100年後の私たちの心にまでも強く訴える魅力を放ちます。

ーブローチ アンティーク・ジュエリー
両サイドのシンプルな部分と、中央のプラチナ板を使った見事な細工部分を直接連結してしまうのではなく、さらにプラチナを使って段差を付けたデザインにしてあるのが贅沢ですね。現代のプラチナのイメージからすると何てことないプラスアルファなのですが、当時のプラチナ価格の常識から考えると仰天するような贅沢デザインなのです。この部分1つとってみても、それほどの高級品として作られた証です。

-金細工の魅力-

ーブローチ アンティーク・ジュエリー
画期的な新素材プラチナの魅力を最大限に表現したのが正面部分でした。これは身に着けたときに見る人たちを感嘆させたことでしょう。一方で優れた美意識を持つ持ち主の自己満足、或いはチラリと見えた時に気づくような鋭い洞察力と高い美意識を持つ人をも感嘆させるために施されたのが、このサイドの見事な金細工です。
ーブローチ アンティーク・ジュエリー
この部分に彫金が施されている作品自体が相当珍しいのですが、そのクオリティも群を抜いた見事なものです。
エドワーディアンのカリブレカット・サファイアのバー・ブローチ
エドワーディアンのバー・ブローチの彫金

先ほどご紹介したカリブレカット・サファイアのバー・ブローチも、彫金が施されたかなりの高級品でした。拡大するとあまり繊細には見えなくなってしまいますが、細工好きのGENに「これは僕がつけたいくらい好きです♪」と言わしめるほどの極上細工の作品なのです。

ーブローチ アンティーク・ジュエリー

まだ市場が枯渇傾向になく、良いものが豊富に出ていた時期でもこれほどの宝物はありませんでした。しかもサイドに彫金があるバー・ブローチ自体がいつぶりだろうというくらい久しぶりなのだそうです。

市場が枯渇した結果ロンドンのハイストリートからは昔からあった高級アンティークジュエリー専門店がすべて撤退し、アンティークジュエリーの店を標榜しながらもヴィンテージや中古を売る店ばかりとなったこの時代において、これほど見事なバー・ブローチをヘリテイジでご紹介できるなんて思わず嬉しくてニヤニヤしてしまいます。悪運が強い自信は昔からあったのですが、宝物運も相当強そうです(笑)

ーブローチ アンティーク・ジュエリー
これだけ繊細な彫金も、やはり大きく拡大すると肉眼で見た時に感じる繊細美が今一つ感じられません。でも、実物をご覧になって頂ければ予想以上の繊細な美しさに驚き、感動していただけると確信しています。
ーブローチ アンティーク・ジュエリー
浅い彫りではなく深さのある彫りなので、浮き上がる黄金の彫金模様がとても格調高い雰囲気を醸し出します。こんな細い箇所にこれだけの彫金を施すなんて、驚くべき職人芸です。

-他の時代のアクアマリンのバー・ブローチとの比較-

バラの彫金が素晴らしいアクアマリンのバー・ブローチ
『夢叶う青いバラとアクアマリン』
アクアマリン ゴールド ブローチ

ヨーロッパ 1880年頃
¥1,000,000-
(税込8%)

『夢叶う青いバラとアクアマリン』はヴィクトリアンの素晴らしいアクアマリンのバー・ブローチです。

金を贅沢に使い、黄金で作ったとは思えない見事な造形のバラの花束はまさにヴィクトリアンならではの芸術作品です。エドワーディアンのバー・ブローチと比較しても甲乙付け難く、選ぶにしてもどちらのデザインが好みかというレベルだと思います。

同じアクアマリンのバー・ブローチでも、雰囲気はやはり全然違いますね。

同じエドワーディアンでも、これは15ctゴールドの簡素な作りのバー・ブローチです。

こういうレベルの細工であれば現代でも作ることは容易です。

ダメージの心配がない新品で買う方がマシです。

【参考】エドワーディアンのアクアマリンのバー・ブローチ
【参考】エドワーディアンのアクアマリンのバー・ブローチ

ヘリテイジはハイクラス以上のアンティークジュエリーだけを厳選してご紹介していますが、エドワーディアンの時代といえども市場にある大半は、このような簡素な作りの安物なのです。安物はたくさん作られているので、ある意味これが普通の『アンティークジュエリー』です。

とは言えアンティークジュエリーの本当の魅力は、現代では作ることが不可能な、高い技術を持つ職人の技術と手間をかけた細工です。それこそ1つの芸術作品と言えるレベルの細工です。だからどんなに古い本物のアンティークジュエリーであっても、それがないジュエリーには魅力を感じられないのでヘリテイジでは扱いません。

これもそこら辺で安いパーツを買ってきて、はんだや接着剤でくっつければ私でも作れます。

【参考】アールデコのアクアマリンのバー・ブローチ
【参考】ヴィンテージ〜中古のアクアマリンのバー・ブローチ

優れたアンティークジュエリーは数が限られており、だいたいは少し古くてもこのようなどれも似たり寄ったりの簡素なものだらけです。でも石ころが付いていれば幸せという人にはこれで十分なのです。価値が分からない細工が施されて高くなるより、簡素な作りでお安い方がそういう人たちには魅力があるのです。

ーブローチ アンティーク・ジュエリー

そうは言っても、古の時代の王侯貴族でも真に細工の価値を理解できる人たちは少数派だったからこそ、これだけの細工のジュエリーは滅多に存在しないのです。最高のプラチナワークと最高のゴールドワークの見事なコラボレーション。これぞヴィクトリアンからエドワーディアンに時代が移り変わる過渡期ならではの、時代が生み出した奇跡の芸術作品なのです。分かる人にだけは、堪らない魅力がありますよね。

3. 大きくて美しいブルーの極上のアクアマリン

ーブローチ アンティーク・ジュエリー

先ほど簡素な作りの安物アクアマリン・バー・ブローチをいくつか並べてみましたが、安物にはそれなりの小さくて色が汚く、インクリュージョンも多く、カットも悪くて煌めきが良くない石しか使われていないことに気づいていただけたでしょうか。それに比べて見事な作りのこのバー・ブローチは、アクアマリンも見事です。

『海の煌めき』でもご説明した通り、天然で美しいアクアマリンは非常に貴重です。

同じベリル(緑柱石)系のヘリオドールやグリーンベリル等を加熱し、アクアマリンに変成させて高く販売することも宝石業界では普通です。

ヘリオドール グリーンベリル
イエローベリルの加熱による変成

加熱すると黄ばみが抜け、700度くらいで綺麗な青になります。加熱しすぎると濁ります。

元々アクアマリン自体、天然で産出されても殆どは淡い青しか呈しません。

また、黄ばみがあることも少なくありません。

アクアマリンの原石
アクアマリンの加熱による変成

このためアクアマリンも加熱処理し、黄ばみを除去しつつ青の色を濃くするのが当たり前になっています。加熱して当然という状況なので、鑑別書には"無処理"が記されないようになっています。業界の都合によって鑑別書の基準なんて簡単に変わるのです。鑑別書はさも消費者を守るためにあるが如く言われていますが、結局は業界を守るためにあるのです。鑑別書に記されることがないため、結局市場の何割が加熱処理されているのかすら誰にも把握できない状況です。

700℃のアクアマリンが一番ブルーという感じがしますが、不自然な印象は否めません。それでも現代ジュエリーでこのような青が通常のアクアマリンの色と思い込まされているため、人によってはアンティークジュエリーの自然なアクアマリン・ブルーは綺麗ではないと感じる人もいるかもしれません。

ーブローチ アンティーク・ジュエリー
ーブローチ アンティーク・ジュエリー

このアクアマリンは、かつて見たことがないほど純粋で美しいブルーを呈しています。

ーブローチ アンティーク・ジュエリー
ーブローチ アンティーク・ジュエリー 石を覗き見ると、まるで澄み切ったアクアマリンの海の中を見ているようです。
ーブローチ アンティーク・ジュエリー

そしてカットの加減なのかこの石特有の性質なのか、光の加減によってファイアがよく出る石でもあります。

アンティークの上質なオールドヨーロピアンカット・ダイヤモンドではファイアは時折見ることがありますが、ブルーのアクアマリンでこれほどファイアを感じるのは初めてです。

非加熱 アクアマリン 非加熱 アクアマリン
現代の人工処理された死んだようなアクアマリンでは感じることができない、自然な美しさがあります。こういう石であれば、大自然のエネルギーのようなものもそこはかとなく感じます。これこそ天然の石ならではの魅力です。
エドワーディアン アクアマリン バーブローチ アンティーク・ジュエリー

このアクアマリンの魅力はそれだけにとどまりません。眩しい太陽の下で見る、アクアマリンの海のような煌めき。波の動きに合わせて海面がキラキラと眩しく煌めくような美しさがこのアクアマリンにはあります。

海のような煌めきのアクアマリンのネックレス

アクアマリンはその独特のブルーが魅力ですが、『海の煌めき』もそうだったように石の質とカットによっては非常によく煌めくのです。

『海の煌めき』
アーツ&クラフツ アクアマリン ネックレス
イギリス 1890年頃
SOLD
エドワーディアンのミル

どこかにぶつけたり摩耗したりしやすいリングの場合、どうしても100年以上の使用によって多少なりとも宝石は表面にダメージがある場合が殆どです。

でもこれはブローチなので、4大宝石ほどモース硬度が高くないアクアマリンでも、摩耗のないベストコンディションで現代も存在できるのです。

だからこそ、これだけ美しく煌めきを放つことができるのです♪

ーブローチ アンティーク・ジュエリー

素晴らしいですね。

一切の汚染がない、絶海の孤島の清らかな海を思わせる清涼感溢れる水色は、これぞアクアマリンと感動します。

ーブローチ アンティーク・ジュエリー

GENもこれだけの美しさと大きさを両立したアクアマリンは初めてだと感動していました。これだけのアクアマリンだからこそ、エドワーディアン最高のプラチナワークとゴールドワークによる極上細工で作るバー・ブローチに相応しい宝石だったと言えるのです。

ーブローチ アンティーク・ジュエリー

こういう宝物は見ているだけでも楽しくてしょうがありません♪

ブローチの金具

ーブローチ アンティーク・ジュエリー
ブローチの金具は安全ピンのような珍しい物で、これは当時の最先端の金具として作られたのかも知れません。
ーブローチ アンティーク・ジュエリー
ーブローチ アンティーク・ジュエリー

 

アクアマリンのバー・ブローチの着用イメージ アクアマリンのバー・ブローチの着用イメージ

スタイリッシュなバー・ブローチはもちろんジャケットとの相性バッチリです。

アクアマリンのバー・ブローチの着用イメージ アクアマリンのバー・ブローチの着用イメージ

ワンピースのアクセントとして使ったり、シンプルなニットとの相性も良さそうです。もちろんショールなどの小物と使ってもオシャレです。

バー・ブローチと言ってもシンプル過ぎず、存在感あるアクアマリンが良いアクセントになっているので、今までバー・ブローチに苦手意識があった方でも楽しく使っていただきやすいと思います♪

メールかお電話でお気軽にお問い合わせ下さい

メールマガジンで最新情報や特別なご案内などをお届けしております

TEL 03-6356-0672 平日&土日祝営業 AM11:00-PM20:00 不定休

文章や画像のあらゆる引用はご遠慮ください