アンティークジュエリー ヘリテイジ

TOP   カタログ  メールマガジン  セミナー  購入方法  お問合わせ  フォト日記  アクセス

ロンドンのハイ・ストリートを視察

ロンドン市街 ハイストリート イギリス 散歩 視察 ヴィクトリアズシークレット

広大な自然の景色が広がっていたハムステッド・ヒースとは打って変わって、ここはロンドン市街です。この日はハイストリートの視察が目的でやってきました。NYと比べても、やはり世界の文化や経済の中心はロンドンだと感じるはずだから1回は見ておかなきゃダメだよとイギリス人ディーラー達に言われての視察です。みんなNYにも当然行ったことはあっての発言です。確かに私は活動が引きこもりすぎですからね〜(笑)

階級差が希薄、かつ洋装ファッションの歴史が浅い日本ではTPOに合わせて装いを変える意識が一般的に薄いのですが、ロンドンのハイストリートに並ぶ高級店では不相応な格好で行くと門前払いを喰らうと聞きます。実はブラック・エナメルの11cmピンヒールはこの時に備えてのものだったのでしたー♪まあ、世界中から観光客が集まる場所でもあるので、よほど酷い格好でなければ店内に入れてはもらえるようですが、一流の接客を体感できないと視察の意味がありませんからね。常連でない上に、買わない一見さんに一流の接客をしてくれるかは怪しいところですが、いかにも安い装いで高級店に入るような無礼な行動は美しくありませんしね。

ロンドン市街 ハイストリート イギリス マイアミTシャツ ロンドン市街 ハイストリート イギリス エンジェル ヴィクトリアズシークレット ロンドン市街 ハイストリート イギリス エンジェル ヴィクトリアズシークレット

なぜかマイアミTシャツの人がいますが、ここはアメリカではありません。もちろんイギリスです(笑)。
通りの正面に見えたショーウィンドウのマネキンが凄すぎて、イギリス人はこんな格好もしちゃうのかと思ったらヴィクトリアズシークレットでした。けったいな下着ファッションでも、スタイルも顔も抜群のエンジェルが着ると様になります♪一般人は買うのかは、ちょっと謎です。私は無理です(笑)

ロンドン市街 ハイストリート イギリス ホンダ 日本車 ロンドン市街 ハイストリート イギリス ベンツ

まだ午前中ですが、この時がロンドン滞在中で一番曇っていました。他は全部、快晴と言って良いくらいの青空でした。世界気象機関の定義に基づいた気象庁における観測上の定義によると、「快晴」とは空全体に対して雲の占める割合が1割以下の状態とされているようで、中学生の頃に理科で習った気もしますがまあどうでも良いです。だいたいロンドンはすごく晴れていました(笑)
ちなみに左の画像に日本車がありますが、ここは日本ではありません。右の画像にはドイツ車も見えますが、ここはドイツでもありません。もちろんイギリスです。ロンドンは人種のるつぼとは聞いていましたが、本当に何でもありですね〜。

ロンドン市街 ハイストリート イギリス紳士 ステッキ ジェントルマン フラワーバスケット ロンドン市街 ハイストリート フラワーバスケット

ロンドン市街も含めて、至る所に本物のお花が溢れています♪ステッキを持つイギリス紳士もカッコ良いですね。ステッキを使いこなすジェントルマンを本場で拝見できるなんて、ラッキーです♪

アンティークジュエリー・ルネサンスの片桐元一が赤坂時代に所有していたファベルジェ作のロッククリスタルの白鳥を模った傘の柄

ステッキと言うことで一瞬このロッククリスタルのスワンを思い出しましたが、このスワンはステッキではなく傘の柄だそうです。GENがベルヴィー赤坂時代に偶然手に入れたという、ファベルジェの見事な作品です。TVや雑誌で紹介されるようになってから『ファベルジェ』がたいそうなブランドのようなイメージが世間一般に浸透したようですが、これはそれ以前に入手したものです。皆が注目するようになってから仕入れ始めるようでは才能あるディーラーとは言えませんから、さすがGENという感じです。でも、いろいろあって手放すはめになったようです(そういうのもさすがGENという感じなのですが)。

結局このスワンは、ファベルジェの研究家が始めて主にロシアのアンティークジュエリーを扱っていたWartskiの元に行ったようです。ハイストリートで視察する予定だったいくつかある高級アンティークジュエリー店の1つです。ということで、いそいそと出かけたのですが、世界的にアンティークジュエリーは物が枯渇してやっていけなくなっているという話通り、実際に行ってみるとWartski以外はやっていけなくなって店がありませんでした。好景気に沸くロンドンは地価がどんどん上昇しており、家賃が払えない店はどんどん淘汰されているようです。

ハイストリートの高級店が対象としているのはおのぼりさん観光客ではなく、世界各地から来る超富裕層です。私たちにとっては大金の100万円程度の買い物では、完全に雑魚扱いですね(TT)そういう高級店は私たち同様、ディーラー向けのディーラーから仕入れるため、現地価格だから安くできるということにはなりません。地価が高いロンドンだと、店舗がないHERITAGEよりも各種経費がかかり、販売値段に乗せないとやっていけないはずです。こういう理由で、意外とロンドンで買う方が高かったりします。私はこういう店で仕入れをするような馬鹿ではありません。そんなことしたら、ディーラーとして無能ですし恥です(笑)だから視察目的でしかないのです。世界の大金持ちが集まるロンドンなら高い価格設定でもやっていけそうな物ですが、やはり魅力的な物が本当に集められなくなっているということでしょう。一番、クオリティがしっかりしていたとGENから聞いていたWartskidですらヴィンテージが結構ディスプレイに混ざっていてがっかりしました。アンティークジュエリーは15〜20年前がピークだったと聞いていますが、その時代を見ることができなかったのは経験値の上では残念です。

でも、過去だけを見て、残念がって終わるのもナンセンスです。何とファベルジェのオーソリティ店舗と言えるWartkiの隣に『FABERGE』の店ができていて、失笑しちゃいました。現代ジュエリー業界の「今」が見えてくるという物です。日本でもアンティークジュエリー好きには有名なファベルジェですが、ワールドワイドで見ると本物のファベルジェと言うだけで驚くほどのプレミアム価格が付くほどブランド化しています。ピーター・カール・ファベルジェ(1846-1920年)自身は職人ではなくプロデューサーなので、職人を2千人くらいかかえて作品を制作していました。だから意外と品質もピンキリで、刻印があって本物であっても大したことない作品も存在します。それでも刻印があれば容易にプレミアム価格がつきます。日本人のブランド好きは異常ですが、西欧人でも自身の絶対感覚で良いものを見極めることができる人は少数派です。そこに目をつけたのが現代版「FABERGE」の仕掛け人です。存在は知っていましたが、ディスプレーを見てあまりのジュエリーのポンコツ具合にひきました。上の画像はトップページですが、仰天の安っぽさのジュエリーたちです。ジュエリーという表現もはばかられます。アクセサリーというか、もはやオモチャです。まさかの「HERITAGE」かぶり、嫌だなぁ(笑)

帰国して改めて調べてみましたが、天才プロデューサーファベルジェの気配は微塵も感じることができません。ファベルジェが蹂躙されることに腹立たしさを覚えますし、消費者を馬鹿にしているとしか思えないこのジュエリーの数々も見ていて気分が悪いです。スワロフスキーどころか、アクリル製のストーンで作られたヴィンテージや現代のアクセサリーでこれに似た感じの物を見た記憶があります。デザインまでも最悪だなんて、失笑するしかありません。絶対にこんなの着けたくありません。見られたら恥です(あくまでも個人の趣味・感想です)。

もちろん作りもボテッとしており、いかにも鋳造の気持ち悪い作りです。とは言っても、見ても作りに違いがあることを感じられるかどうかは人によって差があるようです。「現代ジュエリーは感覚的に受け付けなくて、アンティークジュエリーを見てルネサンスの品物は作りが良いので見に来ました。」と仰って下さるお客様もいました。感覚が優れ、自分の持つ感性で選ぶことができる、存在確率的には少ない人たち・・。変な妥協はせず、そういう方たちだけに支持されるよう、HERITAGEもやっていけたら良いなと思っています。カタログでもうんちくは語りますが、あくまでもうんちくはオマケであって、結局は感性がないと優れたアンティークジュエリーは理解できませんから・・。

そういう感性がないと「FABERGE」の刻印があるからとか、人気の「エッグ」だからという理由だけで価値ある物という判断になるのでしょうね。商売人側にとっては、分かりやすくやりやすいのです。だから品質そのものではなく、ブランドのプロモーションにお金をかけるのです。モノ自体には値段分の価値がないので、中古になった瞬間価値が一気に低下する理由ですね。調べていただければすぐに分かるのですが、上のジュエリーも馬鹿高いです。鋳造カエルののっぺり感も失笑ですし、蜘蛛もジュエリーとは思えないちゃちな作りです。カール・ファベルジェはエポックメイキングなクリエイターというわけでもありませんでした。既存の良い物をたくさん集めて研究し、新たなクリエーションをプロデュースしたという言い方が妥当でしょう。日本の根付を相当な数コレクションして動物シリーズにつなげていますし、ギロッシュエナメルは技術的にピークだった18世紀の作品に学んで新たなクリエーションにつなげています。結局そのファベルジェも18世紀のギロッシュエナメルの水準には到達することができなかったと言われていますが、その努力は相当なものだったと思います。上の2点のエッグのエナメルを見ると腹しか立ちません。
限定300個とか、2000個とかでシリアルナンバー付き、そういう感じで販売しているようです。サラリーマン時代に勤めていた会社は大量消費社会のための薄利多売の権化のような会社だったので(悪い意味ではありません)、1ロット分?とか思っちゃいます。鋳造用の型を作って、それを元に同じものをどんどん作るというやつですね。型をつくるには職人が必要でコストがかかるので、ある程度たくさん作らないと採算が合わないというわけです。ゴールドやエナメルは同じ規格で制作できますが、天然物の宝石で同じ品質の物(色、インクリュージョン、サイズ等)を何百も揃えることが可能なわけがありません。だから当然人工処理に頼ることになるのです。貴族のオーダーによる1点物の優れたアンティークジュエリーがいかにすごい物なのか、このことからも分かりますよね。貴族のオーダー品は芸術作品ですが、現代のブランドジュエリーなんて所詮工業生産の量産品なのです。

それにしてもWartskiの隣に店を構えるなんて、嫌がらせなのか詐欺的なのかよくやるな〜と思ったのですが、バックにいたのが資源が対象の世界的な専門的投資会社ポーリングハースト・リソーシズでした。儲けることが至上命題のやり方、納得です。恥とか詐欺まがいとか、そういう概念なんて無しです(笑)

1917年のロシア革命でファベルジェも全て終わっていたのですが、商標権はユニリーバが保有していました。これをポーリングハースト・リソーシズが、ファベルジェを再構築するという建前で2007年1月に買い取ったのです。カール・ファベルジェの曽孫2名を社内に取り込んで、正当性が主張できる環境を作る念の入れようです。資源の投資会社が本気で優れた芸術作品を復活させようと思うわけがありませんよね。投資会社はいかに投資効率よく金を稼ぐかが至上命題なのですから。だからこそ平気であんなゴミジュエリーを驚きの価格で販売するのです。曽孫たちはあのジュエリーを見て曾祖父の偉大な作品との違いが分からないのか、それともお金が手に入れば良いのか・・。ファベルジェが無残です。ネームバリューがあるのでアンティークジュエリーが好きな方が間違って買ってしまうのも心配ですが、気づかぬが花かもしれませんね・・。中古市場に出てきた場合、アンティークどころかヴィンテージですらない「中古」でしかありませんが、ブランド名と刻印だけを信じて無知な状態で買うというのはこういうリスクも孕んでいます。

当然「中古」は以前からHERITAGEの委託販売含めてお取り扱い対象外です。国内のアンティークジュエリーも物が集まらないせいか、有名店でもヴィンテージどころかヴィンテージですらない中古まで扱う店が増えているのは知っていましたが、ロンドンの老舗Wartskiまでも隣に変な店の出店を許したりヴィンテージの販売を始めるなど散々な状況です。こんなお客様を馬鹿にするようなことをしたら、アンティークジュエリー業界皆で仲良く茹で蛙になって時期に滅びます。お客様にはなるべく美しく夢のある世界だけを楽しんでいただけるようにするためにも、私はこういう情報も含めて日々勉強しています。本当はHERITAGEにとっても、孤独な研鑽より業界全体で切磋琢磨して全体でレベルアップする方が良いはずなので、同業でも情報交換ができる仲間が見つかるようリサーチを続けたいと思っています。いつまで経っても貧乏暇なし(笑)
まあでも、HERITAGE基準で集めた綺麗な宝物に囲まれて心が和みますし、情報収集も大好きなので、毎日忙しいながらもかなり楽しんで仕事しています♪

ロンドンの公園 日光浴 青空 芝生

ロンドンの好景気を実感しつつ、アンティークジュエリー業界の衰退具合を目の当たりにしつつ、どろどろした世界を感じた後はリフレッシュに公園に寄ってみました。ロンドンは市街地であっても至る所に驚くほど大きな公園があり、緑が豊かで素晴らしいです。午前中は曇り空でしたが、既に青空に変わっています♪酒でも飲もうかと思いましたが、売店のラインナップがちょっとぼったくり価格な気がしたので珍しくオレンジジュースでした(笑)ジュースですらかなり高い印象だったのですが、物価高と言われるロンドンでは平均的な価格なのか、ぼったくりなのかは分かりませんでした。地元民っぽい人もたくさん買っていたので、案外平均価格のお店だったのかもしれません。ジュースにあまりお金を使いたくなかったので、翌日からはペットボトルに水道水を入れて持ち歩きました。ロンドンの水道水は飲用可だそうです。特におなかを壊すこともありませんでしたが、真似をするかは自己責任でお願いします(笑)

ロンドンの公園 日光浴 青空 芝生

ロンドンの公園 白い花 青空 芝生

上の画像で気になるのがやはりこの2点です(笑)晴れると即日光浴!!そして可愛らしいお花♪
東京の公園だと、ちょっと広い所でも絶対に高層ビルがいくつか視界に入ってくるのですが、ロンドンの公園はそれがなくてよりリラックスできます。あまりにも広すぎて、帰り際にちょっと迷いかけました(照)

聖地ハムステッドヒース(9)へ

ヒースロー空港でも飲んべえ へ

 

石田和歌子 フォト日記 ヘリテイジ ブログ

  アンティークジュエリー ルネサンス 片桐元一 GEN トレジャーハンター 小元太 トイプードル シルバー   アンティークジュエリー ルネサンス 片桐元一 GEN トレジャーハンター アロー シェルティー シルバー ソングオブロシア

メールかお電話でお気軽にお問い合わせください

TEL 03-6356-0672 平日&土日祝営業 11:00 - 20:00 不定休

TOP  カタログ 用語集  メールマガジン  ミュージアム  知識集  購入方法 アクセス
Copyright@2017 Antique Jewellery HERITAGE All rights reserved.