No.00112 知性の雫

ピケ ピアス ドロップ アンティークジュエリー
←実物大
ブラウザによって大きさが違いますが、1円玉(直径2cm)を置いてみれば実物との大小の比率が分かります

『知性の雫』
ドロップシェイプ ピケ ピアス

イギリス 1860年頃
鼈甲に金銀象嵌
長さ 3,2cm 重量 3,4g
¥159,000-(税込8%)

揺れが美しい、ドロップ型のピアスです。大きすぎず、日常で使いやすいのが良いですね!♪
鼈甲自体は地味な印象のアイテムですが、金と銀で象嵌された美しい花模様の輝きが、知的かつエレガントな印象を醸し出しています♪

ピケ フランス 小箱 カーブドアイボリー アンティーク

ピケは1600年半ば頃にイタリアで考案され、主に教会の祭祀用具として作られていました。それがフランスに伝わり、技術が飛躍的に進化しました。最初に作られていたのは主に小物入れなどの箱です。


象牙細密彫入りのピケの小箱
フランス 1780〜1800年頃
SOLD

フランスでは1562〜1598年の40年間近くにわたり、カトリックとプロテスタントが休戦を挟みながらのユグノー戦争と言われる内戦がありました。ユグノーというのは、カトリック側からのプロテスタントの呼称です。

数多くの人が虐殺された歴史を経て、1598年にアンリ4世が破壊され疲弊しきった王国の再建と、国内の統一を目的にナント勅令を発し、プロテスタントの信仰に一定の自由と権利を与えました。
ナント勅令によって戦争は一応の終結を見たものの、なお国内には不満がくすぶり、1610年にアンリ4世は狂信的なカトリック信者に暗殺されています。

フランス王アンリ4世
(1553-1610年)

ナント勅令
(1598年4月13日)

1661年にユグノーを敵視するルイ14世がフランス政府の実権を握ると、竜騎兵の迫害政策を始め、ユグノーはカトリックに改宗するか他国へ移住するかを迫られました。最後はナント勅令を正式に取り消すフォンテーヌブロー勅令が発令され、フランスにおけるプロテスタントは非合法化されました。

ユグノーの多くは改宗ではなくフランスを去ることを選び、ほとんどがイングランド、プロイセン、オランダ、スイスへ移住しました。
迫害を逃れたユグノー教徒により、フランスからイギリスへもたらされた物の1つがピケの技法なのです。

フランス王ルイ14世
(1638-1715年)

「竜騎兵の迫害(1681年)」を描いたプロテスタントの版画
ピケ ピアス ドロップ アンティークジュエリー ピケ ピアス ドロップ アンティークジュエリー
ピケでジュエリーが作られるようになったのは1800年代初期です。べっ甲という素材自体の珍しさと、英国人好みの地味な雰囲気が好まれて流行したのです。1850年代から1880年代にかけて流行はピークに達しました。1870年頃に機械を使った安価な量産品が作られるようになると、一気に魅力がなくなって飽きられ、1885年頃にはほぼ作られなくなってしまいました。技術も途絶え、ハイレベルのピケはもう作ることはできません。
ピケ ピアス ドロップ アンティークジュエリー ピケでジュエリーが作られるようになったのは1800年代初期です。べっ甲という素材自体の珍しさと、英国人好みの地味な雰囲気が好まれて流行したのです。1850年代から1880年代にかけて流行はピークに達しました。

1870年頃に機械を使った安価な量産品が作られるようになると、一気に魅力がなくなって飽きられ、1885年頃にはほぼ作られなくなってしまいました。技術も途絶え、ハイレベルのピケはもう作ることはできません。

ピケ ピアス ドロップ アンティークジュエリー ピアスの裏側にももちろん、繊細な模様が象嵌されています。

髪をアップスタイルにした時、後ろに立った人からはピアスの裏側も見えるわけですから、美意識の高い当時の感覚からすれば裏側にも細工をするのは当然のことですね。

鼈甲がタイマイという海亀の甲羅でできていることをご存じの方は多いと思いますが、甲羅は元から加工に適した厚いプラスチック板状はわけではありません。上の画像のような薄い板を、水と熱と圧力だけで融着させて厚い板状にしてから必要な形を作るのです。

膠質を利用して境目なくくっつけることができるのですが、かなり熟練した技が必要な行程です。このピアスも一番厚い箇所は85mm程度あり、甲羅から板を形成した上で球体やドロップなどの形状を作り、象嵌されていることが分かります。一見簡単な作品に見えても、かなり手間がかかっているのです。

日本でもセルロイドが出てくると、櫛や簪が安価な偽物で作られるようになります。しかしながら現代でも、鼈甲は見た目の良さだけでなく、天然素材ならではの肌なじみの良さで根強いファンが存在し、高級な眼鏡のフレームなどにも使われていますね。この独特の質感は何とも言えない良さがあるのです♪♪

タイマイから採った鼈甲の材料
ピケ ピアス ドロップ アンティークジュエリー
ピケ ピアス ドロップ アンティークジュエリー

ピケ独特の黒茶色で半透明の質感は、知性の深淵を覗くような重厚な印象もあります。まさにイギリス人好みのジュエリーという感じですね♪知性ある日本人女性にもとても似合いそうです!♪

ピアスの金具はシルバーですが、別途費用で18Kの手作りの金具にお取り替えできます(¥21,000-程度)。

量産金具はちゃちで壊れやすいので、ヘリテイジではアンティークジュエリーに相応しい、18Kを叩いて作る手作り金具をご用意しております。

現在販売中のピケ・ジュエリー

ピケ イヤリング ピアス アンティークジュエリー

『エレガント ピケ・リボン』
ピケ イヤリング
イギリス 1860年頃
鼈甲、金銀象嵌
4cm×1,9cm(本体のみ)
重量6g
SOLD

25年ぶりぐらいのハイレベルのピケ・イヤリング!鼈甲で表現された、立体感あるリボンがエレガントですね♪

 

ピケ バングル 鼈甲細工 アンティークジュエリー

ピケ バングル(ブレスレット)
イギリス 19世紀中期
鼈甲に金象嵌
内径16.5cm 外径20cm 幅2,6cm
重量30g
SOLD

珍しいピケのバングルです♪
セット使いしたくても、なかなか揃えることができないので、ピケがお好きな方にはぜひお勧めしたい逸品です♪

メールかお電話でお気軽にお問い合わせ下さい

メールマガジンで最新情報や特別なご案内などをお届けしております

エイグレットをモチーフにしたトレンブランのアンティークのダイヤモンド・ブローチ

2ctのダイヤモンドのアンティークジュエリー ショッピングバッグ ルネサンス期のアンティークジュエリー

TEL 03-6356-0672 平日&土日祝営業 AM11:00-PM20:00 不定休

文章や画像のあらゆる引用はご遠慮ください