No.00136 永遠の愛

エドワーディアン カリブレカット ルビー ダイヤモンド 天然真珠 月桂樹 アンティークジュエリー ペンダント ブローチ
エドワーディアン ダイヤモンド ペンダント&ブローチ アンティークジュエリー
エドワーディアン ダイヤモンド ペンダント&ブローチ アンティークジュエリー
←実物大
ブラウザによって大きさが違いますが、1円玉(直径2cm)を置いてみれば実物との大小比が分かります
『永遠の愛』
エドワーディアン ダイヤモンド ペンダント&ブローチ

フランス? 1910年頃
オールドヨーロピアンカット・ダイヤモンド、天然真珠、ローズカットダイヤモンド、カリブレカット・ルビー、プラチナ&ゴールド(18ctゴールド)
3,7cm×2,8cm
プラチナチェーン 40cm(モダン)
重量 8,9g(本体のみ)
¥1,200,000-(税込8%)

革命的な新素材プラチナが大人気の時代に、プラチナあってこそのカリブレカット・ルビーをアクセントにした、グッドデザインのペンダント&ブローチです。エドワーディアンらしい作りの良さ、エレガントな曲線を描くリボンも魅力です♪

月桂樹のモチーフ

このペンダント&ブローチにあしらわれている植物モチーフは月桂樹です。地中海沿岸が原産で、乾燥させた葉は、料理の香り付けに使用するローリエまたはローレルという名前で日本でもおなじみですね。

ギリシャ神話のアポロンとダフネの物語に由来して、ギリシャやローマ時代からアポロンの聖樹として神聖視された樹木でもあります。

神々の住むオリンポスの山にて・・。
ある日、弓の名手アポロンが、小さな弓を手にするエロスを見て「そんな弓で何を射れるというのだい?」とバカにしました。

怒ったエロスはアポロンを金の矢、河の神の娘でこの辺りで最も美しく純粋なダフネを鉛の矢で射貫きました。

アポロン ダフネ バロック ボルゲーゼ美術館 ベルニーニ

エロスの金の矢で射られた者は初めて目にした者に恋し、鉛の矢で射られた物は初めて見た者を拒絶します。

見目麗しく動物からさえももてるアポロンですが、いくら求愛してもダフネから激しく拒絶されます。激しい恋心に気が狂いそうになるアポロンは、待ち伏せして美しいダフネに近づこうとしますが、気づかれ逃げられてしまいます。

追いかけてくるアポロンから逃れるため、ダフネは必死で涙ながらに叫びました。「お父様、助けてください!例えどんな姿になっても、この男のものにならないよう逃げさせて下さい!!!」

アポロン ダフネ バロック ボルゲーゼ美術館 ベルニーニ

父である河の神ペーネイオスは、娘の悲痛な叫びを聞き入れました。

たちまちダフネの白く柔らかな肌は樹皮に覆われ、たなびく美しい髪は緑色の葉となり、天に向けて差し伸べていた手は木の枝と化しました。

ダフネは自らの身体を月桂樹の木に変えてまで、アポロンの手から一生逃れる方を選んだのです。

バロックを代表するイタリアの彫刻・建築・画家ベルニーニ作
『アポロンとダフネ』(1625年) 国立ボルゲーゼ美術館蔵
アポロン

あれほど焦がれたダフネは一瞬にして地に根を深く張った月桂樹に変わり、もはや一寸たりとも動きません。アポロンは三日三晩、月桂樹のもとで泣き続けました。

立ち去る際、「せめて私の聖樹になって欲しい」と頼むと、ダフネは枝を揺らしてうなづき、月桂樹の葉をアポロンの頭に落としました。

アポロンは「愛するダフネよ、私はあなたのことを決して忘れない」と、ダフネへの永遠の愛の証として月桂樹の冠を生涯かぶり続けたということです。

エドワーディアン ダイヤモンド メアンダー模様 月桂樹 ネックレス アンティークジュエリー ルネサンス

マラソン勝者の頭を飾る月桂樹の冠は見る機会も多いので、月桂樹は「栄光」「勝利」「栄誉」のイメージが強い方も多いと思います。
しかしながらアポロンとダフネの神話からお解りいただける通り、西洋では「変わらぬ愛の証」のシンボルとして用いられるモチーフでもあるのです。

西洋文明の原点である、古代ギリシャに由来するトラディッショナルなモチーフとして、エドワーディアンからアールデコにかけてハイクラスのジュエリーデザインに取り入れられる代表的なモチーフの1つとも言えます。

【参考】エドワーディアン ダイヤモンド ネックレス
ヨーロッパ 1905年〜1920年頃
SOLD

 

エドワーディアン ダイヤモンド ペンダント&ブローチ アンティークジュエリー

円形のシンプルなフレームの三カ所に、カリブレカット・ルビーをセットしてあります。カリブレカットは石と石の間に爪がない留め方なので、ルビーの濃いピンクのラインがスッキリ見えて、デザイン状の重要なポイントになっているのです!♪

カリブレカットは非常に難しい技術なので、エドワーディアンやアールデコのジュエリーでもハイクラスの物だけに見られるセッティングなのです!!

カリブレカットについては
《知られざるカリブレカットの魅力》でご覧ください。

エドワーディアン ダイヤモンド ペンダント&ブローチ アンティークジュエリー
エドワーディアン ダイヤモンド ペンダント&ブローチ アンティークジュエリー
直線のみならず曲線部分すら、ルビーを精密にカットして隙間なくセットしてあります。
ジャンク アンティークジュエリーカリブレカット ルビー

ヘリテイジはお求めやすい価格の宝物は扱いますが、コンディションが悪かったり低レベルのジュエリーは、アンティークであっても一切扱わないのでジャンク品をご覧になったことがない方も多いと思います。

左の画像は委託販売をお断りしたブローチの、カリブレカット・ルビーの拡大画像です。元々の作りも悪いのですが、踏みつけたか何かで破損した物を、接着剤で修理したとみられます。紛失した石の一部は、色もサイズも合っていないものを無理矢理突っ込んだらしく、側面から見るとかなり飛び出していました。

【参考】ジャンク品
カリブレカット・ルビー&ダイヤモンド ブローチを一部拡大
ジャンク アンティークジュエリーカリブレカット ルビー

別の部分の拡大画像です。明らかに隙間がありますし、宝石らしいカットもなされていません。海外の露店で覚悟の上、ダメ元の安値で買ったならば納得もできるのですが、国内有名店で正規価格でご購入されたそうで、開いた口が塞がりませんでした。

これがアンティークジュエリー業界の実情の一部でもあり、委託販売をお断りする場合の理由の1つでもあるのです。このような悪意を感じる品物を、大切なヘリテイジのお客様に販売するわけにはいきません!!

拡大

 

エドワーディアン ダイヤモンド ペンダント&ブローチ アンティークジュエリー

今ではもう、カリブレカットのような高度なセッティングはできません。でも、それだけ難しい技術でも、主役ではなくデザインの一部であり脇役なのです。これこそが、このペンダント&ブローチが作られた時代の美意識なのです。

ヴァンクリーフ&アーペルのミステリーセッティングなんかと同じにしてはいけません。セットする石の大きさが違います。イコール難易度は桁違いです。

↑フライングバタフライ リング

私から見れば、ミステリーセッティングはセッティング自体が主役となっていて、「手段が目的」状態です。美しいジュエリーを作るための技術ではなく、小さい石を寄せ集めて高く販売する理由付けのための技術です。画素数の少ない、初期のインベーダー・ゲームやスーパーマリオのようにしか見えません。ちなみに高額になる理由の1つは、あまりにも難しい技術でセッティング時に欠けたりして使えない石が多いからと聞きます。工業製品的に言うなら、歩留まりが悪いということでしょうか。そんなことにお金を払うのは私は嫌だなぁと思ってしまいます。まあ、個人の美意識や価値観なので、他の方に押しつけたりはしませんが・・。

 

エドワーディアン ダイヤモンド ペンダント&ブローチ アンティークジュエリー

側面から見ると、エドワーディアンならではのプラチナにゴールドバックなのが良く分かります。

一般のジュエリー市場にプラチナが出始めたばかりで、非常に高価だった時代に作られた証です。

エドワーディアン ダイヤモンド ペンダント&ブローチ アンティークジュエリー
エドワーディアン ダイヤモンド ペンダント&ブローチ アンティークジュエリー
裏側も美しい、完成度の高い作りです。
エドワーディアン ダイヤモンド ペンダント&ブローチ アンティークジュエリー
本来は取り外し可能のネジ式のペンダント用金具があった筈なので、ご要望があれば復元致します(別途見積もりをお出し致します)。
エドワーディアン ダイヤモンド ペンダント&ブローチ アンティークジュエリー
チェーンに付いている2つの引輪はアンティークですが、チェーンはアンティークではありません。
チェーン
エドワーディアン ダイヤモンド ペンダント&ブローチ アンティークジュエリー
エドワーディアン ダイヤモンド ペンダント&ブローチ アンティークジュエリー
←↑実物大
ブラウザによって大きさが違いますが、1円玉(直径2cm)を置いてみれば実物との大小の比率が分かります。

カリブレカット・ルビーが魅力の販売中の宝物

エドワーディアン 指輪 リング カリブレカット ルビー ダイヤモンド 天然真珠

『カリブレカットの美』
エドワーディアン カリブレカット・ルビー リング

フランス? 1910年頃
天然真珠、カリブレカット・ルビー、オールドヨーロピアンカット・ダイヤモンド、ローズカットダイヤモンド、プラチナ&ゴールド(18ctゴールド)
サイズ 11,5号(変更可能)
SOLD

きつい曲線のカリブレカットは非常に難易度が高いのですが、カリブレカット・ルビーのピンク色のラインと、ローズカット・ダイヤモンドの白いラインで美しいリボンが表現されています♪カリブレカットを使ったジュエリーの中でも、特に独創的なデザインです。
縦長のデザインなので、特に指が長めの方におすすめです


メールかお電話でお気軽にお問い合わせ下さい

メールマガジンで最新情報や特別なご案内などをお届けしております


TEL 03-6356-0672 平日&土日祝営業 AM11:00-PM20:00 不定休

文章や画像のあらゆる引用はご遠慮ください