No.00166 FULL MOON

ムーンストーン ネックレス ヴィクトリアン アンティークジュエリー 満月
クリアな美しさが際立つ、満月の光を閉じ込めたような幻想感と清涼感溢れるムーンストーンのネックレスです♪

天然ムーンストーンのアンティーク・ネックレス

『FULL MOON』
ムーンストーン ネックレス

イギリス 1890年頃
ムーンストーン、15ctゴールド
チェーン40cm(ボックス型クラスプ付き)
石の大きさ
0.7cm×0.7cm〜0.5cm×0.5cm
重量 6.3g
SOLD

クラックやインクリュージョンがとても少なく、透明感溢れる上質なムーンストーンを使ったネックレスです。
ガーネットやアメジストなどの色の濃い宝石が人気だった19世紀中期とは違い、19世紀後期の洗練された時代らしい淡く幻想的な雰囲気が魅力です。ゴールドを使った作りが、このムーンストーンが上質な物として評価されていた証です。

ムーンストーン ネックレス

←↑実物大
ブラウザによって大きさが違いますが、1円玉(直径2cm)を置いてみれば実物との大小の比率が分かります。

ムーンストーンについて

ムーンストーン ネックレス ヴィクトリアン アンティークジュエリー 青く幻想的な光を放つムーンストーンは「月光が結晶化した石」、「月光が閉じ込められた石」などとも言われ、不思議な力を持つ宝石として古来より愛されてきました。

独特の雰囲気がルネ・ラリックなどのデザイン性の高い作家からも好まれ、アールヌーボーの時代に特に人気になります。

現代でも人気の石ですが、実はムーンストーンとは異なる石が"ムーンストーン"と呼ばれて数多く出回っていることをご存じでしょうか?

本物のムーンストーンをきちんとご覧になったことはありますか?

外観が類似した長石類

ブルー・ムーンストーン。
いかにも名前が良いですよね。

「ムーンストーン」はルースもジュエリー(アクセサリー?)もたくさん販売されていて、たくさんある宝石というイメージの方も多いかもしれません。

左は全てブルームーンストーンのような外観ですが、実は1つしか本物のブルームーンストーンはありません。どれか分かりますでしょうか?

Jだけが本物のブルームーンストーンです。

@〜Fはラブラドライトです。
G〜Iはペリステライトです。

いずれも長石に属します。長石類は、化学組成的には左の相図で表される固溶体の形で分類できますが、こういう物理化学的な分野は理系の人でも拒絶反応を起こす人が多いので詳細な説明は止めておきましょう。興味ある方は鉱物学の専門書などを参照なさって下さい(笑)

長石 相図 ムーンストーン ラブラドライト ペリステライト

左の通り、ムーンストーンとラブラドライト、ペリステライトは鉱物的に異なる組成を持っています。

外観は類似していますが、具体的にはこのような違いがあります。

いずれも「2層ラメラ」という項目があります。

表1.長石類3種の比較

例えばムーンストーンだと、アルバイトとアルカリ長石のそれぞれの薄い層が重なって構成されているということです。

アルバイトとアルカリ長石の層では屈折率が異なるため、内部に侵入した光の一部が界面で反射し、各界面で反射した光が干渉を起こすことで、特定の角度から石を見たときに美しいシラーが見えるのです。

まあ、この辺りはアンティークジュエリーを知る上では理解していなくても問題ありません。読み飛ばして下さい(笑)

レインボー・ムーンストーンの正体

これらは全てレインボー・ムーンストーンという名称で販売されているルースです。

ブルー・ムーンストーンがムーンストーンの一種なので、レインボー・ムーンストーンもそうだと思いますよね。でも、レインボー・ムーンストーンと呼ばれるこの石の正体はホワイト・ラブラドライトなのです。

ラブラドライトだって綺麗な石なのだから正式名で販売すれば良いのに、ムーンストーンの名を語る方が高い値段でたくさん売れるということなのでしょう。ブランド名でしか判断できない人がいかに多いかということですね。

レインボー・ムーンストーン ホワイト・ラブラドライト ルース

表1にもある通り、ラブラドライトのインクリュージョンは針状です。当然インクリュージョンは少ない方が美しくて高価ですが稀少です。

本来シラーの美しさを最大限に引き出すには、厚みを持ったカボションカットが最適です。ムーンストーンのカットと言えばカボションカットをイメージされる方が多いと思います。上のジュエリーの石はどちらもホワイト・ラブラドライトなのですが、インクリュージョンが目立たないということから、このようなファセットがあるカットが施された石も見られるようになりました。良い石は枯渇して無くなっていく一方ですし、ジュエリーが王侯貴族の限られた人たちのためだけの物だった時代と違い、大衆の需要を満たせるだけの量はもとから無いのです。あったとしても希少性がなければ宝石に価値はつきません。

ムーンストーンのインクリュージョン

ムーンストーンの最も特徴的なインクリュージョンが、宝石学者が『ムカデ』と呼ぶ応力亀裂です。

左はブルームーンストーン・ペンダントとして販売されていた現代ジュエリーです。

ムカデが見えるので本物だと判断できますが、やっぱりムカデが這うムーンストーンは美しくはありませんね。わがままで要求高くてごめんなさい(笑)

現代においても、ムーンストーンはインクリュージョンがない物が良質とされています。

GIA(Gemological Institute of America:米国宝石学会)でも、「良質のムーンストーンは、ほぼ透明で、可能な限り内包物がないものです。内包物は、青色閃光を妨げてしまう可能性があります。」と定義しています。

もちろん、そのような透明度の高い石は非常に稀少です。

 

ムーンストーン ネックレス
ムーンストーン ネックレス
ムーンストーン ネックレス ヴィクトリアン アンティークジュエリー ムーンストーン ネックレス ヴィクトリアン アンティークジュエリー

ムーンストーンのブルーシラーは角度に依るので、画像ではシラーが出ていない石もありますが、いずれも透明度の高い美しい石が使われています。

 

ムーンストーン ネックレス アンティーク
現代では低品質のホワイト・ラブラドライトがレインボー・ムーンストーンとして販売されるなど、あまり美しくもなく高価ではない石というイメージがついてしまったムーンストーンですが、透明度の高い上質なムーンストーンはこのネックレスが作られた当時も貴重で高価なものでした。それはゴールドを使った丁寧な作りからも分かります。1890年頃は既にジュエリーの大衆化が進行し、安価なシルバーやそれ以下のメタルを使ったジュエリーも数多く作られています。

オリジナルのアンティーク・チェーンと、ボックス型クラスプが付いています。ネックレスとしてはシンプルなデザインながらも、アンティークらしいクラスプがついているのも魅力ですね。



←↑実物大
ブラウザによって大きさが違いますが、1円玉(直径2cm)を置いてみれば実物との大小の比率が分かります。

幻想的なシラーと、透明感ある石の清涼感が何とも魅力的です。シンプルなので様々なコーディネートに合わせて楽しんでいただけます。シラーは角度によって変化するので、身につけた時がこのネックレスが一番綺麗な時だと思います♪
ムーンストーン ネックレス ヴィクトリアン アンティークジュエリー ムーンストーン ネックレス ヴィクトリアン アンティークジュエリー ムーンストーン ネックレス ヴィクトリアン アンティークジュエリー

丸くカットされた満月のようなムーンストーンは、暗い場所では三日月が見えたりすることもあり、ムーンストーンには興味がなかった方にも新たな魅力を感じていただけるのではないしょうか。まさに月の光を閉じ込めたかのようですね♪

 

ムーンストーンを使った販売中のジュエリー

ロシアン ムーンストーン ブローチ ヴィクトリアン アンティークジュエリー ダイヤモンド 満月
『ロシアン・ルナ』
ロシアン ムーンストーン ブローチ

ロシア? 1880年〜1890年頃
ムーンストーン、オールドヨーロピアンカット・ダイヤモンド、極小ローズカットダイヤモンド、14ctゴールド、銀合金(銀:67.5%, 金:18.2%, 銅:14.1%)

¥580,000-(税込8%)

メールかお電話でお気軽にお問い合わせ下さい

メールマガジンで最新情報や特別なご案内などをお届けしております


TEL 03-6356-0672 平日&土日祝営業 AM11:00-PM20:00 不定休

文章や画像のあらゆる引用はご遠慮ください