No.00155 海の煌めき

アクアマリン ネックレス アンティークジュエリー 実物大
←実物大
ブラウザによって大きさが違いますが、1円玉(直径2cm)を置いてみれば実物との大小比が分かります
『海の煌めき』
アーツ&クラフツ アクアマリン ネックレス

イギリス 1890年頃
アクアマリン、天然真珠、15ctゴールド
ペンダント部分 4cm×1,5cm
チェーン 38cm
重量 3,5g
SOLD

石、デザイン、細工の三拍子全てがベストなアーツ&クラフツのネックレスです♪
小さくても最上級のアクアマリンを使っており、それは石の裏の素晴らしいカットを見れば一目瞭然です。スッキリしてモダンな感覚のシンプルで美しいデザインと、見ていて気持ちが良い完璧な作りと仕上げは、この価格帯では滅多にある物ではありません!♪

アクアマリンと言う宝石

アクアマリンは、ラテン語の『海の水(aqua marine)』 が語源となっています。その名の通り、海の水をそのまま結晶にしたような美しい宝石です。

ベリル(緑柱石)の中でも青色の物をアクアマリンと言います。同じベリル系である緑色のエメラルドや黄色のヘリオドールを加熱処理することで、黄色味を除去しアクアマリンの色に変化させることが可能です。

現代ジュエリーでは評価の低いヘリオドールやグリーンベリル等を加熱し、アクアマリンに変成させて高く売ることがあります。また、元々アクアマリンとして産出された場合でも、殆どは淡い青しか呈さないため、加熱処理して色を濃くするのが当たり前になっています。このため、鑑別書には無処理が記されないのだそうです。

ちょっと考えれば分かることですが、所詮鑑別書なんて現代ジュエリーを売りやすくするためのツールに過ぎないのです。とは言えジュエリーには今も昔もフェイクは付き物ですし、皆様には安心して好きな物を選んで頂くためにも、ヘリテイジでは経験豊富な鑑別所で鑑別してますし、必要に応じて鑑別書もお付けしています。この辺りは鑑別技術の限界や、業界の事情を把握した上でうまく使いこなすのがベストだと考えています。

アクアマリンの原石
ヘリオドール グリーンベリル

多様なアクアマリン

ジュエリー用の石は通常は透明度の高さも求められるため、左のような原石だけをイメージされる方が多いと思いますが、実は上の原石もアクアマリンです。

左は全て天然のアクアマリンの珠です。

数珠やオブジェなど、パワーストーン的な用途として販売されていました。荒れた海から極寒の海のような石まで、これはこれで面白いですね。「海の水」という名前にも余計に納得してしまいます。

アクアマリンの魅惑の煌めき

アーツ&クラフツ
アクアマリン ネックレス アンティークジュエリー

このネックレスに使われているアクアマリンは、上質な石が採れた時代の最上級の石です。前述の通り天然のアクアマリンは色が淡いため、ある程度色彩をはっきりさせようとするとアクアマリンを自体大きくカットする必要があります。

しかし、このアクアマリンは小さくても十分に美しい水色を感じることができるのです。ファセット数の多い石の裏面のカットも素晴らしく、揺れるたびに石がキラキラと煌めく様子は、まるで南国のアクアマリンの海の海面が煌めく様を見ているようです♪

アクアマリン ネックレス アンティークジュエリー
黄色味が感じられない、クリアな水色の色彩を持つ上質なアクアマリンの煌めきは、もはや溜息が出るほどの美しさです♪

アーツ&クラフツ運動

アクアマリン ネックレス アンティークジュエリー

このネックレスの魅力は石の美しさだけではありません。アーツ&クラフツらしい、随所に非常に凝ったデザインも非常に魅力があります。

アーツ・アンド・クラフツ運動 (美術工芸運動)は1880年代にウィリアム・モリスが主導した19世紀の美術運動で、アールヌーヴォーにも影響を与えたと言われています。ヴィクトリア時代に、産業革命の結果として大量生産の粗悪な物が出回ることになりました。クリエイティブな芸術家だったはずの「職人」がプロレタリアートに成り果ててしまったこの状況を批判し、古い時代の手仕事に立ち返り生活と芸術を統一することを主張したものです。

結局手をかけた仕事は採算が合わず、作られた製品は非常に高額な物となり、限られた富裕層のための物となってしまいました。このため実際に手をかけて作られたのは初期の製品だけで、その後はデザインに偏った粗末な物が多く作られるという結果に終わりました。所詮一般大衆向けに手かけながらも安価な物を作るというのは不可能なことなのです。

アーツ&クラフツを提唱した「モダンデザインの父」ウィリアム・モリス

国同士で経済格差がある場合、安価な労働力を求めて企業が人件費の安い国に工場を作る動きがありますよね。日本でも「発展途上国」で作らせた安価な手作り製品が百円均一で持て囃された過去がありますが、「発展途上国」が発展して豊かになり、人件費が上昇して日本との貧富の差がなくなってくると成り立たないのです。

"モダンデザインの父" ウィリアム・モリス(1834-1896年)

このような経済論的な理由で、現代では作ることが不可能な優れた手仕事による美しいジュエリーですが、ジュエリーの一般大衆化が進行していたアーツ&クラフツの時代も優れた手仕事のジュエリーは既に難しくなって来ていたのも事実です。

しかしながらこのアクアマリンのネックレスは、作りと仕上げが普通のアーツ&クラフツでは滅多に見ることのない高い完成度の素晴らしい作品です!♪

独自の変形ナイフエッジによる視覚効果

エドワーディアン ドレス

『海の煌めき』が制作されたヴィクトリアン後期にかけては、『PURE LOVE』のヨーロッパのファッションの歴史でご説明した通り、シフォンやサテンなどの生地の進化などもあって軽やかでエレガントなドレスが作られ、人気が出てきた時代です。

必然的に、軽やかなドレスに合う軽やかなジュエリーが作られるようになりました。その時に重宝されたのがナイフエッジという表現手法です。

アンティークジュエリー ピンクトルマリン 天然真珠 ナイフエッジ 非加熱 トルマリン ネックレス アンティークジュエリー 斜め拡大
正面
ナイフエッジ アンティークジュエリー

ナイフエッジでは、金属の板を立てた状態でセットします。後ろ側はある程度の厚みを保った状態で、正面に向けて金属を削って幅を細くします。これにより、ジュエリーを正面から見た際にナイフエッジ部分はまるで線のように見えながらも、100年以上の使用に耐える強度を両立させる技術です。

金属の存在感が極限までなくなるため、まるで石が宙にいているかのような繊細さを演出できます現代ジュエリーのボテっとした金属部分とは大違いですよね。このようにやり方は分かっているものの、手間がかかり過ぎて採算が合わないので現代では見ることがない技術の1つです。

アーツ&クラフツ
アクアマリン ネックレス アンティークジュエリー
アクアマリン ネックレス アンティークジュエリー 裏 アクアマリン ネックレス アンティークジュエリー
正面
『海の煌めき』には、いままで見たことがない"変形ナイフエッジ"とでも言うべき技術が施されています。上のアクアマリンと、下のアクアマリン・フラワーを連結しているゴールドのバーにご注目下さい。上の方はゴールドの存在感がありつつ、下に行くほどシュッと細くなっていく美しいフォルムになっていますね。画像は拡大していますが、実物は小さい物なので、全体をこれだけ細く仕上げると100年を超える耐久力は実現できなかったはずです。横から見ると、一見何てことなさそうに見えるゴールドのバーにも計算されたデザインが施されていることがようやく分かるのです。もともと円柱状だったゴールドの棒を、両端だけを下に行くほど細く仕上げているのです。横から見るとこれだけの厚みがあるため、十分な強度があるのです。

凝ったデザインと作り

アクアマリン ネックレス アンティークジュエリー アクアマリン ネックレス アンティークジュエリー

アクアマリンを留めている爪にもご注目ください。単に石を留めるというだけならば、単純な爪で留めてしまえば済む話です。しかしこのネックレスはそれぞれの爪が2重構造になっています。実際はデザインに偏ってしまい雑な作りの物が多かったアーツ&クラフツでは滅多にみることがない手間のかけ方です。この2重の爪留が、ネックレス全体で見たときにハイセンスな印象を与える、デザイン上の重要な役割を担っています。天然真珠の覆輪のミルも丁寧で美しい仕上げですし、使われている天然真珠も照りが優れた上質な物です。


石の裏

アクアマリンの裏を見ると、小さな石であるにも関わらず、驚くほど綺麗なカットが施されています。このアクアマリンが如何に上質な石で、このネックレスが如何にグレードの高いものとして作られたかが分かるのです。

石の底面のファセット数がこれだけ多いからこそ、アクアマリンがより立体感ある魅力的な煌めきを、揺れるたびに放つのです。

中央の15という数字は15ctゴールドの意味です。


チェーンも引き輪もすべてオリジナルで、全体のコンディションも良い状態です。
アクアマリン ネックレス アンティークジュエリー
←↑実物大
ブラウザによって大きさが違いますが、1円玉(直径2cm)を置いてみれば実物との大小の比率が分かります。
アクアマリンと天然真珠、ゴールドという素材が見事に調和した美しいネックレスです。この素晴らしいデザインは、優れた技術と手間をかけて作られたからこそ実現できたものなのです。このような素晴らしい物を、さりげなくさらりと軽やかな装いで着けこなしたいですね♪

現在販売中のアクアマリンのジュエリー

アクアマリン ブローチ アンティークジュエリー 青いバラ ゴールド ブローチ ダイヤモンド 4キャラッと
アクアマリン ブローチ アンティークジュエリー バラ ダイヤモンド 彫金

『夢叶う青いバラとアクアマリン』
アクアマリン ゴールド ブローチ


ヨーロッパ 1880年頃
アクアマリン、オールドヨーロピアンカット・ダイヤモンド、ローズカット・ダイヤモンド、18ctゴールド
重量 23g
9,5cm×1,8cm
¥1,000,000-
(税込8%)

約4キャラットの、大きくて
濃く美しい色のアクアマリンが使われたブローチです。しかしながらメインストーンのアクアマリン以上に素晴らしいのが、ゴールドで表現された薔薇の細工です。随所にあしらわれた上質なオールドヨーロピアンカットとローズカットのダイヤモンドも、花々の間からキラリキラリと美しい輝きを放つ、ヘリテイジおすすめの至高の一品です♪

 

ラティスワーク アクアマリン ネックレス

『ラティスの水滴』
アールデコ ネックレス

フランス又はヨーロッパ 1920年頃
アクアマリン、オールドヨーロピアンカット・ダイヤモンド、ローズカットダイヤモンド、プラチナ&ゴールド
¥1,800,000-(税込8%)

エドワーディアンからアールデコへの過渡期ならではの、美しいデザインと高い細工技術が両立した20世紀初頭のトップレベルの作品です!♪
水滴のようなドロップ型のアクアマリンが美しいです。4cm弱短くできるプラチナのハンドメイドチェーンも使い勝手がよく、幅広いコーディネートに対応できるのも魅力です。

メールかお電話でお気軽にお問い合わせ下さい

メールマガジンで最新情報や特別なご案内などをお届けしております

トレンブラン ダイヤモンド アンティークジュエリー ヘリテイジ

カタログ アンティークジュエリー アールデコ エメラルド 高級 購入方法 アンティークジュエリー ヘリテイジ アンティークジュエリー 魅力 ルネサンス

TEL 03-6356-0672 不定休 平日:AM10:00-PM20:00、土日祝:AM11:00-PM20:00