No.00101 ガーデン・パンジー

エドワーディアンのパンジーのエセックスクリスタル・ペンダント 実物大
←実物大
ブラウザによって大きさが違いますが、1円玉(直径2cm)を置いてみれば実物との大小比が分かります
『ガーデン・パンジー』
エドワーディアン エセックス・クリスタル ペンダント

イギリス 1900年〜1910年頃
ローズカットダイヤモンド、ロッククリスタル(水晶)、マザーオブパール、シャンルベ・エナメル、プラチナ、15ctゴールド
2,5cm×1,6cm
重量 4,1g
英国王室御用達 革のフィッティングケース付(19世紀後期)
SOLD

19世紀のエセックス・クリスタルは、モチーフも狩りにまつわるものが多く男性志向の物が多いのですが、20世紀に入ると女性向きの小ぶりで可愛らしい物が作られるようになるのです。一般的に男性用アイテムは、上質なものを少ない点数愛用されるため、良い作りのものが多いです。一方で、女性物は気分やシーンに合わせて色々と装いを変えたいという女性心理があり、また、ジュエリーの一般大衆化が進んだ時代背景もあり、作りが良くないものも多く存在します。
そのような背景があるのですが、このパンジーのペンダントは、当時低価格で販売するために作られた簡単な作りの物とは一線を画します!

 

時代ごとのエセックスクリスタル

19世紀のエセックスクリスタルの名品
エセックスクリスタル 鹿 アンティークジュエリー エセックスクリスタル 虎 アンティークジュエリー エセックスクリスタル 狐 狩り アンティークジュエリー
『大鹿』
イギリス 1870年
SOLD
『タイガー』
イギリス 1870年頃
SOLD
『狐狩り』
イギリス 1850〜1860年頃
SOLD
20世紀以降の低価格品として作られたエセックスクリスタル

 

パンジー エセックス・クリスタル ペンダント アンティークジュエリー

20世紀の低価格品と比較すると、一見しただけでこのパンジーのペンダントが全く違う作りであることがお解りいただけるのではないでしょうか。

エセックスクリスタル自体の出来はもちろん、シャンルベ・エナメルのフレームや、プラチナの細かいミル打ちとダイヤモンドがあしらわれたエドワーディアンならではのバチカンまで、手のかけ方が全く違います。20世紀のエセックス・クリスタルとしては、ハイレベルの細工で作られたペンダントの証しです!!♪

パンジー エセックス・クリスタル ペンダント アンティークジュエリー
まるで本物のパンジーをクリスタルの中に閉じ込めたかのような愛らしさです♪この美しい色彩は水晶を彫った裏に顔料で描いてあり、マザーオブパールでカバーされているので退色することはほとんど無いのです!
リバースインタリオ 拡大 リバースインタリオ 拡大
3本のパンジーに立体感を感じるのは、半球状の厚みのある水晶にそれぞれの花を深さを変えながら彫ってあるからで、これが唯のガラス絵とは全く違うところなのです!!
リバースインタリオ パンジー ペンダント リバースインタリオ パンジー ペンダント

エセックスクリスタルの裏にマザーオブパールを敷いてあるので、マザーオブパールの独特の輝きの中に、可愛らしいパンジーが浮かび上がって見えるのです!!♪

厚みがある、美しいマーキーズシェイプにカットされた水晶のレンズ効果も相まって、とても美しいです♪

シャンルベ・エナメル

フレームの縁にはシャンルベ・エナメルを施してあります。地金の金を彫り残して白いエナメルを入れる、非常に手間のかかる細工です!!
フレームまでこれだけの仕事をするのが、アンティークジュエリーの秀品と言えるレベルの証しなのです!!♪

さらに、エナメルの左右の縁には多数の細かな点が打ってあります。一見些細なことですが、この細工がキリッとした完成度の高いイメージに役立っているのです!

バチカンにまで、とても手間のかかる仕事が施されています。このペンダントはエドワーディアンに作られたものですが、当時非常に高価だったプラチナを下地の金に貼り合わせています。プラチナでダイヤモンドが留められてあり、ミル打ちも至極繊細で美しいものです!♪
裏 裏面は完全なフラットではなく、僅かに曲面になっています。手に持った時にしっくり馴染み、高級感を感じられますし、アンティークジュエリーならではの職人の仕事を楽しめるものなのです!♪

特別なフィッティングボックスについて

パンジー エセックス・クリスタル ペンダント ケース パンジー エセックス・クリスタル ペンダント ケース外観
内張の文字

一見、綺麗に納まっているので、オリジナルケースと思われた方もいるのではないでしょうか?

パンジーのペンダントが作られたのは1900年〜1910年頃ですが、ケースはもっと古い年代に作られたものです。このような立体感を出した美しい革ケースは19世紀後期に作られた物で、納めるジュエリーに合わせて一つ一つ木を削って作られた、当時として超高級な革ケースなのです!!このパンジーのペンダントも当時としては高級な作りですが、この英国王室御用達の素晴らしい革ケースに納められていたオリジナルのジュエリーは、高価な宝石を使ったもっともっと高価なジュエリーが納められていたはずなのです。どういういきさつで、この可愛らしいパンジーのペンダントが納まったのでしょうね♪

もし、今作ったらとんでもない高価なケースですし、どんなにお金をかけても絶対に作ることは出来ない貴重なケースなのです!!♪良いものとは言え、可愛らしいパンジーちゃんはこのケースにはちょっと役者不足ではあるけれど、重厚なケースを開けると、当然の自分の居場所のごとく鎮座する姿が何とも愛らしいのです♪まあ、せっかくの玉の輿なんだから、この組み合わせのまま次の方に可愛がってもらえたらなと思います♪(笑)

 

ネックスタンドに下げた画像 実物大のイメージ
←↑実物大
ブラウザによって大きさが違いますが、1円玉(直径2cm)を置いてみれば実物との大小比が分かります
撮影に使っているような、作りが良いアンティークのゴールドチェーンをご希望の方には、別売でお付け致します。いくつかご用意がございますので、ご希望の方には価格等をお知らせ致します(チェーンのみの販売はしておりません)。現代の18ctゴールドチェーンをご希望の方には実費でお付け致します。高級シルクコードをご希望の方にはサービスでお付け致します。

 

その他のエセックスクリスタルのジュエリー

エセックスクリスタル ブローチ アンティーク

『紳士の黒い忠犬』
エセックスクリスタル ブローチ

イギリス 1890年頃
ロッククリスタル(水晶)、14k
水晶の直径 2cm
重量9,7g
SOLD

貴族のスポーツ、鴨猟のブローチです。ラブラドール・レトリーバーの表情と黒い体の見事な表現、アーツ&クラフツの影響が見られる凝ったデザインのフレームが素晴らしい逸品です。