No.00169 朝霧

天然ホワイトカルセドニーの幻想的なドロップ型ピアス

『朝霧』
カルセドニー ドロップ型ピアス

イギリス 19世紀後期
カルセドニー、18ctゴールド
長さ3,8cm(本体のみ)
重量 7,7g
SOLD

同じホワイト系の素材でも、マザーオブパールやムーンストーンのような素材から出てくる光が魅力のジュエリーとは異なる、石の中の世界に吸い込まれそうな独特の魅力を放つホワイトカルセドニーのドロップ型のピアスです♪

カルセドニー ピアス アンティーク
←実物大
ブラウザによって大きさが違いますが、1円玉(直径2cm)を置いてみれば実物との大小比が分かります

 

カルセドニー ピアス アンティークジュエリー ホワイト 天然 無着色 無漂白 ヴィクトリアン

色彩がない半透明のホワイトカルセドニーには、石の中の深淵を覗いているような気分にさせる、何とも不思議な魅力があります。

その知的かつ高貴な雰囲気は、特に19世紀初期(ジョージアン)に於いて貴族階級の人たちにとても好まれた宝石です。

ホワイトカルセドニーの魅力

アンティークジュエリーディーラー GEN ルネサンス イギリス ロンドン

GENがカルセドニーの美しさを最初に知ったのは、今から三十数年前のロンドンで、凛とした気品を感じるジョージアンの美しいペンに出会った時だそうです。

GENの若かりし頃(ロンドンにて)
カルセドニー ペン アンティークジュエリー ホワイト 天然 無着色 無漂白 ジョージアン 彫金
『ジョージアン カルセドニー ペン』
イギリス 1820年頃
カルセドニー、15〜18ctゴールド
全長 7,5cm
SOLD
カルセドニー ペン アンティークジュエリー ホワイト 天然 無着色 無漂白 ジョージアン 彫金

これがそのカルセドニーのペンです。
カルセドニーという石の質感を存分に生かした高貴なデザイン、素晴らしい石のカット、そしてジョージアンならではの優れた彫金!♪使う為に作られたペンなのに、これだけお金と手間をかけて作られた素晴らしい物があるなんて、現代のペンでは考えられないことだと感動したというのも尤もです。

それがきっかけで、以降GENはジュエリー以外の美しい文房具などの小物も積極的に扱うことにしたのです。納得の素晴らしさですよね。こういう使うための優雅な小物は私も大好きで、半透明のカルセドニーが放つ独特の雰囲気に惹かれて私も欲しいと思っていました。ルネサンスで欲しいものがいくつかあって、先に買っておかないと売れてしまいそうな物を優先した結果、SOLDになってしまいました。ジュエリーならお金を出しやすいけど、使う道具にお金をかけられる人は現代ではそうはいないとGENから聞いていて、私もこのペンの価値を理解するのは難易度が高いからお金を工面するまでは売れ残っているだろうと高を括っていたのですが、あっさりSOLDです。さすがに良いものを扱うお店には、価値が分かるお客様がつくものだと感心したものでした。

パーカー
デュオフォールド プレステージ ルテニウムチーゼルCT センテニアル万年筆
【参考価格】¥129,600-(税込)
カランダッシュ
【数量限定品】バリアスシラスシャープペン
【参考価格】¥194,400-(税込)

ちなみに現代の高級ペンはこんな程度です。「男性の憧れ、一生物の高級筆記具」の特集ページで見つけたものです。高価なので一般男性にとっては一生物扱いになるのでしょうし、現代の科学技術を使った優れた書き心地も実現されているでしょうけれど、もし自慢されたら私はちょっと困ってしまいそうです。もちろん普段使いの消耗品の道具として使う分には全然構いません。書き易いでしょうし、ガンガン使って壊れたらまた買えば良いですから。

ちなみにパーカーは英国王室御用達のブランド、カランダッシュはスイスの高級筆記具のブランドです。カランダッシュは「高級腕時計で有名な精密技術に秀でた国スイスで生まれた、職人気質を生かした機能的で使いやすいボールペンです。その洗練された美しさも評価されています。」とのことです。上右は「ハイテク素材シリコンをミクロン単位で、職人が手作業で顕微鏡を見ながら薄片化した」そうで、シリコンの結晶粒界がデザインの一部になっているのが売りのようです。サラリーマン時代にデバイス系の研究所にいた時は、シリコン基板は見慣れた材料でよく切断作業もしていたので、いくらでも作れる安い材料のイメージしかありません。所詮高級ブランドの高価格帯の品物であっても量産品なので、材料も職人がかけられる手間もこの程度なのです。間違っても驚異的な大金持ちだったジョージアンの貴族の1点物のオーダー品と同じ土俵にのせてはいけません(笑)


カルセドニー ピアス アンティークジュエリー ホワイト 天然 無着色 無漂白 ヴィクトリアン

さて、何故か熱が入ってペンのカタログページみたいになってしまいましたが、話を戻しましょう。

ジョージアンの見事なカルセドニーに出会ったことがきっかけで、カルセドニーを使ったアンティークの小物やジュエリーの魅力を知ったがGENで、長年この仕事をやってきました。しかし、ジュエリーでカルセドニーをメインの素材として作られた物はとても少なく、滅多に見ない珍しい物なのだそうです。

ジョージアン 貴族 家族の肖像画

深い霧の中に吸い込まるかのような、深淵が見えない独特の魅力を放つカルセドニーは、教養高いジョージアンの貴族に好まれたことが一因だと思います。

派手さはないので、ゴテゴテした成金的なジュエリーが好まれたヴィクトリアンでは人気がなかったのかもしれません。

18世紀に起こった産業革命の結果、ヴィクトリアンになるとジュエリーの大衆化が進みますが、ジョージアンではまだジュエリーはごく一部の王侯貴族のためだけの物でしかなく、作られた数自体も格段に少ないのです。

ジョージアン マルチーズクロス ブローチ&ペンダント 勿忘草 forget me not カルセドニー ターコイズ 金細工 左はマルタ騎士団に由来するジョージアンのマルチーズクロスです。19世紀初期のイギリスでとても人気があったようで、19世紀のカルセドニーを使ったジュエリーとしては代表的な作品です。

『ジョージアンの究極の美』には、ジョージアンの第一級の彫金が施されています。このようなハイクラスのジュエリーの素材にカルセドニーが使われているのを見ても、カルセドニーの持つ質感が如何に当時の高貴な人たちに愛されたかが分かります。
『ジョージアンの究極の美』
マルチーズクロス ブローチ&ペンダント
イギリス 1820年頃
SOLD
ヴィクトリア時代に流行した成金的な悪趣味のアンティーク・アメジスト・ペンダント ヴィクトリア時代の成金的な悪趣味のアンティークジュエリー ヴィクトリア時代の成金的で悪趣味な翡翠のアンティークジュエリーのリング

ヴィクトリア時代の特に後期に好まれた、悪趣味系のいかにもな成金ジュエリーはこのような感じです。「あたし高そうでしょ!!」、みたいな雰囲気が私には逆に安っぽく見えます。左のフリンジも流行しているのですが、Genはイカの足かタコの足みたいで気持ち悪いと言っていました。私は古いSFに出てくる火星人に見えます(笑)

ヴィクトリア女王 初代インド皇帝 ヴィクトリア女王 初代インド皇帝
イギリス女王、初代インド皇帝ヴィクトリア(1819-1901年)

テレビもなく、芸能人やファッションモデルが存在しない時代において、王侯貴族が国民のファッションリーダーでした。ヴィクトリア女王もそれを十分に理解していました。このため、何も考えずに好きなものを身につけるのではなく、自国の経済発展につながる着こなしを戦略的にやっていたようです。真面目なのは良いことですし、実際に圧倒的な大英帝国を作り上げた実績も作っていますが、センスの良さを発揮して芸術文化の発展をもたらすのはやはり歴代の遊び人なのです。

上のポートレートは偉大なる大英帝国の繁栄を築き上げたヴィクトリアン後期のものですが、こんなにゴチャゴチャ着けなくても良いのにな〜と思ってしまいます。とは言え、145cmの身長で1880年には76kgあったそうなので、GENも好きなスタイリッシュなバーブローチなんかだと全然似合わなかったでしょうね(身長は152cmという記録もあり、測定した年齢による差と推測されます)。それもあって、巨大で目立つものが流行った面もあるようです。

 

カルセドニー ピアス アンティーク

そのようなわけで、ヴィクトリアン後期に制作されたこのシンプルでカルセドニーの質感を生かした、時代を超えたセンスの良さを感じるピアスは、かなり珍しい存在なのです。

悪趣味が流行したヴィクトリアン後期とは言っても、あくまでも流行しただけで全員がセンスが悪かったわけではありません。確率的には低いですが、こういう物も存在するということです♪

日本はパワーストーン業界が盛況なので、カルセドニーのビーズも出回っており、珍しいイメージはないかもしれません。

しかし、やはり現代では脱色や着色が一般的に行われているようです。カルセドニー(玉髄)は非常に細かい石英の結晶が凝集した石で、無数の隙間が存在し着色しやすいため、脱色・染色した物が無数に流通しています。原料は天然のカルセドニーなので「天然石」として販売できてしまうわけです。

ホワイトカルセドニーの原石
サイズ:101mm x 67mm x 35mm

カルセドニー ピアス アンティーク

安物の素材を使ったジュエリーは、当然安価な作りの細工しかされません。私の観点からすると、天然じゃないからダメというよりはむしろ安物の材料を使ったジュエリーはそれなりのものでしかないよねということです。でも、そんなつまらない物に法外な値段がついていたり、さも価値があると錯覚させるような宣伝文句が付いていることに違和感があるのです。こんなことをしたら、ジュエリー業界全体が暴利をむさぼる胡散臭い業界に見えます。自分で自分の首を絞めているに等しいです。

本来ジュエリーとはとても美しい物で、身につけた女性を外見のみならず内面から美しく輝かせることができるものなのです。心の豊かさをも与えてくれる、それがHERITAGEで扱う優れたアンティークジュエリーです。

カルセドニー ピアス アンティーク カルセドニー ピアス アンティーク

ドロップ型のピアスは360度どこから見ても美しいのがの魅力です。

ドロップ型ピアスに使われる素材としては、ピケやゴールド、珊瑚やジェットがたまにあります。熱可塑性のピケや、潰して再度形を作り直せるゴールドと違い、石は形状を作る際に1度でも失敗したら修正ができません。

ある側面から見たときにだけ対称形にするのはそう難しくありませんが、このように360度どこから見ても美しい対称形に整えるのは、実はとても難しいことです。

カルセドニー ピアス アンティーク

さらに石を留めるために、穴を貫通させます。どうやってゴールドの笠の部分に固定させているか不思議に思った方もいらっしゃると思います。もちろん接着剤などではありません。

傘の部分に丸い穴のようなものがあります。石に貫通させた穴に金属の棒を通し、金属棒を傘の穴の部分に蝋付けして留めているのです。

カルセドニー ピアス アンティーク カルセドニー ピアス アンティーク

上の石はオープンセッティングです。シンプルなデザインですが、金も18金で、アンティークらしいしっかりした丁寧な作りです。シンプルなものほど上質な作りの物が欲しいのは、今も昔も同じだと思います。

ピアスの金具は職人の手仕事によるストッパー付き上質なものなので、ドロップが揺れても何かの拍子で抜け落ちる心配がなく、安心です♪

 

コーネリアン カーネリアン ドロップ型ピアス アンティークジュエリー

右の『ジューシー・ドロップ』もそうでしたが、光に透けた時の雰囲気が素敵です。美味しそうなジューシードロップとは違って、朝霧のような幻想的な雰囲気を放ちます。ショートカットの方や、アップヘアにして付ける時は、日中はこのような雰囲気になると思います。同じようなデザインでも使う石次第でこれだけ雰囲気が変わるのが楽しいですね♪