No.00154 魔法のクリスタル

スモーキークゥオーツ フォブシール アンティークジュエリー
のぞき込むと不思議な世界に入り込んでしまった気分になってしまう、不思議な魅力に満ちたフォブシールです!♪
スモーキークゥオーツ フォブシール アンティークジュエリー 実物大 実物大
←↑実物大
ブラウザによって大きさが違いますが、1円玉(直径2cm)を置いてみれば実物との大小比が分かります

『魔法のクリスタル』
スモーキー・クォーツ フォブシール

イギリス 1780年頃
茶水晶(スモーキークォーツ)、ハイキャラット・ゴールド(15〜18ctゴールド)
高さ2,5cm
インタリオ部分の大きさ2,5cm×2,1cm
重量 9g
SOLD

マイクロ彫刻画と同じ時代に作られた、驚異的な彫りのインタリオです。透明な石の性質と相まって、見事なアールクレール(透明な芸術)を具現化しています!♪

のぞいてごらん、クリスタルの中の不思議な世界を・・・

水晶インタリオの拡大画像
透明度の高いクリスタルなので、上からのぞき込むと底面に彫り込まれた紋章が美しく浮かび上がります。クリスタルのカットされた面と相まって、まるでそれぞれ次元の異なる世界でものぞいているようです。

魔法の水晶 〜過去・現在・未来を見せる不思議な石〜

水晶玉占い 占い師 タロットカード

クリスタルをのぞきこむと言えばアレですよね。そう、水晶玉占いです。

ミステリアスな雰囲気から日本でも知名度が高い占い方法ですが、ヨーロッパでも古くから水晶玉占いが行われていました。

小さくカットしたクリスタルがジュエリーに使われることはよくありますが、大きくて透明度の高いクリスタルは昔から貴重だったため、特別な力があると考えられてきました。せっかくなのでその歴史にも触れておきましょう。

<ヨーロッパの水晶玉占いの歴史>

起源

ケルト 司祭 ドルイド ベリル 緑柱石 ストーンヘンジ ドルイド教 ケルト
ドルイド ベリル(緑柱石) ストーンヘンジに集まった現代のドルイド教

水晶玉占いは歴史が古く、ケルトの司祭ドルイドがベリルのクリスタルボールを使って未来を予言していたのが起源だと言われています

レオナルド・ダ・ヴィンチの絵に見る水晶玉

レオナルド・ダ・ヴィンチ画の救世主イエス・キリスト「サルバトール・ムンディ」

この『サルバトール・ムンディ』は、2017年にクリスティーズのオークションで美術品の落札価格として史上最高額となったことで有名なので、ご存じの方も多いかもしれませんね。

Salvator Mundiは世界の救世主という意味で、レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた青いローブをまとったイエス・キリストの肖像画です。1500年頃にフランスのルイ12世のために描いたものと考えられています。左手をご覧いただくと、水晶玉を持っていることが分かりますね。

後にイギリスのチャールズ1世の手に渡ったものの、1763年以降行方不明となっていました。1958年にオークションに出品されたものの、複製とされてわずか45ポンドで落札されました。2005年に美術商が1万ドル足らずで入手した後、修復の結果ダ・ヴィンチの真筆と証明され、2013年にサザビーズのオークションでスイス人美術商が8000万ドル(約90億円)で落札しました。それをロシア人富豪に1億2750万ドル(約140億円)で売ったものだから、後に詐欺だとスイス人美術商は訴えられてしまったそうです。もう笑っちゃうしかない世界ですね。

『サルバトール・ムンディ』(1500年頃) レオナルド・ダ・ヴィンチ作
最新では2017年にクリスティーズのオークションにかけられ、手数料含めて4億5031万2500ドル(当時のレートで約508億円)で落札となりました。素晴らしい芸術作品と言えど、有名になりすぎるともはや投機の対象と成り果てる例ですね。ミュージアムピースクラスも扱うアンティークジュエリー・ディーラーとしては、色々と考えてしまう話です。この業界でも類似の話は聞くのですが、作品を理解も愛してもいない人に手渡すのはどうしても冒涜と感じてしまうのです。投機対象を求めている人は世の中に絶えず存在するので、私のように冒涜を感じない人が需要に応じてやってくれれば良いのです。

エリザベス1世と水晶玉占い

エリザベス1世 イギリス女王 ジョン・ディー 占い師 宮廷占星術師 錬金術師 水晶玉 イギリス

実は水晶玉占いが大好きだったのがエリザベス1世で、宮廷学者・宮廷占星術師だったジョン・ディーを寵愛していました。

今でこそ胡散臭く見える『占い師』の類ですが、ケンブリッジ大学で修士号を取得し、ルーヴァン大学留学後はパリ大学の講師も務め、伯爵家の家庭教師も務めた経験もある秀才です。

エリザベス1世(1533-1603年) ジョン・ディー(1527年-1608または1609年)
ジョン・ディー 水晶玉 エリザベス1世 宮廷占い師 大天使ウリエル セントジョンズ教会 イギリス

1580年頃からジョン・ディーは水晶玉観照による心霊研究と大天使ウリエルとの交感を実施していました。

水晶玉の中に現れるのは天使であるとされ、「エノク語」という独自の言語が用いられたそうです。

ジョン・ディーが使用していた水晶玉(ロンドン科学博物館所蔵) 『大天使ウリエル』セントジョンズ教会のモザイク(イギリス)
ジェームズ1世 ジェームズ6世 スコットランド王 イングランド王

1603年にエリザベス1世が崩御した後に即位したジェームズ1世は、大の魔術嫌いだったためディーは引退を余儀なくされ、5年後に貧困の内に死去しました。

ジェームズ1世はもともとスコットランド王で一国を治めていましたし、イングランド王も兼ねることになった時すでに37歳でしたしね。占いにはまりやすい女性と、あまり興味がない場合が多い男性。今も昔も人間の性質は変わらないといった感じでしょうか(もちろん性差別的意見ではなく、あくまでも傾向です)。

スコットランド王/イングランド王 ジェームズ6世/ジェームズ1世(1566-1625年)

ヴィクトリア時代における水晶玉占い

ビクトリア時代の水晶玉占いをする女性 ヴィクトリア時代のカード占いをする女性たち
『水晶玉』(1890年) トーマス・ケニントン作 『カード占い』(1889年) エドワード・ビソン作

時代が下って、ヴィクトリア時代は科学技術の発展が著しかった時代ですが、同時にスピリチュアリズムも流行しています。水晶玉占いをはじめ、カード占いなど未来を占う類の占いが女性の間で娯楽的にも大いに流行しました。ヴィクトリア時代後期は死者との交信も流行しました。イギリス人は根っからの賭事と幽霊好きですしね。とは言っても、経済が豊かになってくるとオカルトが流行るのは高度経済成長後の日本も同じでしたが・・。

ハリーポッター 水晶玉 ロン 占い

水晶玉には見たい問いに合わせてビジョンが現れます。

ビジョンが出現する直前に、水晶玉の内部の霧が吹き飛んで鮮明な像が現れれるのだそうです。

 

インタリオ スモーキークォーツ 煙水晶 フォブシール 紋章 イギリス 18世紀 アンティークジュエリー アールクレール 透明な芸術

過去にもたくさんのフォブシールをご紹介して来ましたが、こういうシンプルな石だけの物はご覧になったことがないと思います。

いつもご覧頂いているフォブシールは本体が金属で、インタリオが施されたストーンが底面にセットされているタイプが多いと思います。
今回ご紹介している『魔法のクリスタル』のように、エレガントにカットした石が本体となっているのが18世紀後期のフォブシールの特徴です。

19世紀以前という古い年代の物なので元々数が少ない上、ヘリテイジではインタリオの彫りやデザインも優れていないと扱わないため、このタイプをご紹介するのは今回が初めてとなりました。

 

スモーキークォーツ 煙水晶 フォブシール 紋章 イギリス 18世紀 アンティークジュエリー アールクレール 透明な芸術

使用されているのは淡い色味のスモーキークォーツで、驚くほど透明感の高いクリスタルがうっすらと渋い茶色がかっています。

無色ではなくこの色味があるお陰で、とても知性的な印象を醸し出しています。

高い透明度のお陰で底面に彫られたインタリオが鮮明に見えます。さらに本体が八面にカットされた優美な曲線となっているため、驚くべき細密なインタリオがそれぞれの面から、まるで魔法の鏡に映っているかのように幻想的な世界を見せてくれているのです!♪

このタイプは今まで透明性がない石、もしくは殆ど透けない石で作った物しか見たことがありませんでした。透明な石を使用するだけでこれ程までに表現できる美しさ、芸術性が飛躍するとは、改めてアールクレール(透明な芸術)の良さを実感しました。
感動の美しさなのです!!♪



水晶インタリオの拡大画像 実物大

さっそくインタリオの彫りの凄さもご覧いただきましょう。

まず、紋章自体も実に美しいグッドデザインなのがラッキーですね♪

左側に三頭のライオン、右側に十字架とハートが彫られています。
十字架はクロス・クロスレットに似ていますが少し違います。十字架は種類が多種多様で、そのバリエーションに富むデザインを見ているだけでも楽しいのですが、インタリオの十字架も美しいデザインですね。

このデザイン的にも優れた紋章が、フォブを上から眺めた時に浮かび上がっていたのです。

粘土 インタリオ イギリス 貴族の紋章 コートオブアームス

こちらは粘土に押した物ですが、実際のところ彫りが細かすぎて形状が追従し切れていません。

直接インタリオをご覧いただく方が分かりやすいので、さっそく見て行きましょう。

 

水晶インタリオの拡大画像

このライオンの体長はたった5mmしかありません。さらに背景の升目は何と0,3mm(1mmの三分の一ほど)しかない驚異的に細密な彫りなのです!!!
このフォブが作られた18世紀後期は、人間の限界を超えているとされる歴史上最も細密な彫り物マイクロ彫刻画(象牙超細密彫り)『この世で最も贅沢な虫籠』が作られた時代だけに、19世紀初期の優れたインタリオと比較しても格段に細密なインタリオが彫られているのです。18世紀後期(1770年代〜1880年代)はどんな有名な画家が描いた絵画よりも、超細密な彫りを施した小さな美術品の方が評価が高かった特別な時代なのですから・・。

 

水晶インタリオの拡大画像

どうしてもカッコイイライオンや十字架などに目が行きがちですが、このインタリオが如何に高度な技術を駆使して彫られているかは、実はライオン以外の所で感じる事ができます。

上部のリボンや、紋章右側の地の部分をよ〜くご覧下さい。紋章の周囲の美しく磨かれて完全に透明になっている部分と比較すれば分かる通り、アールデコの時代に人気のあったフロステッド加工が施されてるのです!!
フロステッド加工は、透明な水晶の表面を緻密に荒らして、いわば超高級な曇りガラスのように加工する技術ですが、このインタリオのフロステッド加工はそれよりもずっとずっと細かく荒らしてあるのです。これほど均一に細かく荒らすには、一体どんな道具を使いどういう方法でやったのか不思議でしょうがありません。42年間アンティークジュエリーを見てきた中で、こういう細工は今まで見たことがありません。アンティーク・ジュエリーの奥の深い魅力はさらに深まるばかりです・・・。

水晶インタリオの拡大画像
水晶インタリオの拡大画像

底面に彫られたスーパー細密なインタリオは裏側、つまり上からのぞき込めば見ればスーパー細密なカメオに見えるのです!♪
表現されるこの幻想的な世界こそ、この『魔法のクリスタル』最大の魅力ですね♪石の周りに金属で装飾をお金も技術もあったはずですが、そんなことをしてしまったら魅力は半減どころか台無しになっていたことでしょう。

【参考】透明なロッククリスタルを使ったフォブシール 2作品

英国摂政皇太子時代の至極のシール ロッククリスタル インタリオ フォブシール アンティークジュエリー リージェンシー 摂政皇太子 イギリス

英国摂政皇太子時代の至極のシール
イギリス 1810年頃から1820年頃(摂政皇太子時代)
ロッククリスタル、15〜18ctゴールド、
高さ3,5cm  インタリオの大きさ2,1cm×2,3cm
重量12,9g
Sold

シンプルで端正な形はリージェンシー・スタイル(摂政皇太子様式)ならではの物です♪

ゴールドの柱の隙間から紋章が美しく輝くのは、ロッククリスタルを特別の形にカットしてあるからです。視覚的効果を狙った贅を尽くした作りは、貴族の美意識とセンスの良さを感じるものです。

ロッククリスタル ユニコーン シール フランス 18世紀 アンティークジュエリー インタリオ フォブシール

ユニコーンのシール
フランス 1780年〜1800年頃
ロッククリスタル、15〜18ctゴールド
大きさ 高さ3.0cm インタリオ2.4cm×2.2cm
Sold

『魔法のクリスタル』と同じ年代に作られたシールです。透明な水晶の持ち味を活かすための、石の裏面のカットが見事です。但しフレームにセットされているため、上面からインタリオの像をのぞき込むとう楽しみ方にはあまり適していません。
全体で醸し出すエレガントな雰囲気を楽しめる、18世紀のフランスらしい優美なシールです。

 

18世紀のイギリス貴族の紋章のインタリオがある、スモーキークォーツのフォブシール(アンティークジュエリー)

ご覧いただいた他の2つのフォブシールも、透明な石の特徴を生かした美しい作品でしたが、あくまでもゴールドのフレームとの調和が前提にあり、フレームと併せて全体で芸術作品として完成されています。

『魔法のクリスタル』は、それとは全く異なる思想で制作されてことは一目瞭然ですね。意図的にノーフレームにしたことは明らかですが、この発想の転換は凄いです。

達人のオシャレは引き算だと言いますが、ここまで潔く不要な物を削ぎ落として表現した美はそうある物ではありません。彫りが稚拙だったり石の透明度が低ければ、ただの低レベルなフォブシールの1つになっていたことでしょう。

時代を超越した美 〜アールクレール〜

狐狩り キツネ エセックスクリスタル イギリス ハンティング ブローチ アンティークジュエリー

リバースインタリオ キューピッドとヴィーナス カリブレカット・サファイア ペンダント アンティークジュエリー アールデコ アールクレール 透明な芸術

『狐狩り』
エセックス・クリスタル ブローチ
イギリス 1850〜1860年頃
SOLD

『キューピットとヴィーナス』
ロッククリスタル・リバースインタリオ ネックレス
イギリス 1920年代 
SOLD

インタリオ スモーキークォーツ 煙水晶 フォブシール 紋章 イギリス 18世紀 アンティークジュエリー アールクレール 透明な芸術

水晶の透明性を使った沈め彫りの芸術と言えば、エセックスクリスタルとリバースインタリオがあります。

『キューピッドとヴィーナス』でもご説明した通り、『狐狩り』に見られるようなエセックスクリスタルは、ドーム型で厚みのある水晶に深くインタリオを彫り、それに彩色した言わば立体細密画と言える物です。まるで水晶の中に立体物が入っているような不思議さ魅力です。19世紀中期から後期に人気がありました。

一方で『キューピッドとヴィーナス』に見られるようなリバースインタリオは、板状のロッククリスタルに裏から浅くインタリオを彫った、透明感がある繊細で美しい芸術です。1920年代に登場します。

『魔法のクリスタル』は19世紀を飛び越えて、アールデコの時代になってようやく登場するような、水晶の透明感を最大限生かした繊細な芸術を体現しているのです!!♪
優れたデザインは時代を超えると言いますが、まさに『魔法のクリスタル』はその良い例なのです。古めかしい印象など微塵も感じさせず、今なお斬新で先を行く印象です。


インタリオ スモーキークォーツ 煙水晶 フォブシール 紋章 イギリス 18世紀 アンティークジュエリー アールクレール 透明な芸術 茶水晶 ブローチ アンティークジュエリー ブラウンクォーツ 天然
茶水晶 ブローチ
イギリス 19世紀後期
¥430,000-(税込8%)

完全に無色透明ではなく、灰色みがかった淡い茶色なのも魅力です。この色のお陰で独特の渋さを放っており、格調高い紋章の雰囲気と共に知性が感じられるのです。

茶水晶の中でも灰色みがかったものをスモーキークォーツ(煙水晶)と呼びます。天然の石は非常に稀少で、現代では無色の石に放射線照射して色を濃くした物や、ローズクォーツなどを熱処理して色を黒くした物が殆どだそうです。

水晶インタリオの拡大画像
水晶インタリオの拡大画像
スモーキークゥオーツ フォブシール アンティークジュエリー

現代ほど石が枯渇していなかった時代においても、いかにこれだけの透明度と大きさがあるスモーキークォーツが貴重だったかは想像に難くありません。18世紀において、フォブシールの着用シーンは時計へ下げる用途とシャトレーンに下げる用途があります(シャトレーンはこちらをご参照下さい)。シャトレーンに下げる場合は印章代わりに、他の物と一緒にジャラジャラ下げるのですが、18世紀はまだ時計は超超高級品で極限られた人しか持つことができませんでした。時計1つで豪邸が一軒買えたと言われている時代で、今の貨幣価値に換算すれば3億円はくだらないということです。その時計に下げるために、相応しいフォブシールが極少数作られたということです。

18世紀の流行ファッションをしたフランスの紳士と淑女 ジェントルマン 紳士 ダブルウォッチ 18世紀 ファッション ステッキ 時計 金持ち 貴族
『紳士と淑女』1778年 『ダブル・ウォッチのジェントルマン』1781年

当時の貴族は、これ見よがしに時計を見える位置にぶら下げて自慢するような、成金的なセンスのない自慢の仕方はしません。時計はポケットに入れて、フォブシールだけを人から見える位置に下げるのです。シャトレーンにジャラジャラぶら下げて、他の物とガチャガチャ当たって壊れる心配がないから、安心してこういうノーフレームのフォブシールを使うことができたというわけですね。とは言いつつ、当時時計はステータスの象徴だったので、1つだけでなく複数コレクションできることがさらなるステータスの高みだったようです。1770年代には時計を両側のポケットに入れるファッションが流行ったようです。左側の絵の紳士はこれ見よがしに時計2つをちらつかせて淑女を口説いている感じですね〜。完全に実用性ではなく自慢が目的です(笑)さすがにこの流行はあまり長くは続かなかったそうです。

こういう笑っちゃう成金ファッションはさておき、当時は外から見えるフォブシールのグレードによってポケットの中の時計のグレードも推し量れてしまうので、フォブシールは非常に重要なアイテムだったのです。このことを理解すると、『魔法のクリスタル』の最上級の作りもですね。

天然水晶について

天然の上質な水晶は2cm以上の大きさになると極端に少なくなります。大地の奥底で長い年月をかけて少しずつ結晶が成長していくのです。しかも大きな結晶が入手できたとしても、透明度が高く価値があのは先端の方だけなのです。高さが2,5cmあり、しかも美しいスモーキーカラーを呈する『魔法のクリスタル』の石がいかに貴重な材料だったかお解りいただけるのではないでしょうか。

人工水晶玉 溶錬 透明
天然水晶玉 人工(溶錬)水晶玉

科学技術が進化した現代では、溶錬水晶玉という無色透明な玉を作ることも可能です。名前の通り天然水晶を砕いて高温で溶かし、型に入れて固めただけなので結晶構造は持たずガラス質です。面白い技術ではありますが、ちょっと味気無いでしょうか。天然の水晶玉を使った占いでは内包物の景色を見て占うそうで、良い内包物、いまいちな内包物などがあるようです。少ないに超したことはありませんが、内包物こそが天然の証でもあり、それらの個性こそが魅力の1つでもあるのです。

インタリオ スモーキークォーツ 煙水晶 フォブシール 紋章 イギリス 18世紀 アンティークジュエリー アールクレール 透明な芸術

という訳で、『魔法のクリスタル』も通常だとクリアすぎて内包物が殆ど見えないのですが、多角度から光を強めに当てて内包物を光らせると、左のような画像を得ることができます。


持ち主はクリスタルの持つ不思議な力を意識してこの石を使ったのか、それともただただ至高の芸術を追い求めていただけなのか・・。

不思議なクリスタルは、のぞきこむだけで過去・現在・未来の世界を見ることができてしまいそうな感覚に陥ってしまいます。当時の持ち主とも意識をつなげられてしまいそうな気分です。

 

インタリオ スモーキークォーツ 煙水晶 フォブシール 紋章 イギリス 18世紀 アンティークジュエリー アールクレール 透明な芸術
←↑実物大
ブラウザによって大きさが違いますが、1円玉(直径2cm)を置いてみれば実物との大小の比率が分かります。

クリアな素材で作られたフォブシールは、清涼感もあって夏のジュエリーとしても使い勝手が良さそうですね♪天然水晶独特の肌に触れた時の冷やっとする感触も心地の良いものだと思います。寒い季節は洋服の上からも楽しめます。透ける素材だからこそ、洋服の色柄との組み合わせを考えるのが楽しそうですね♪

撮影に使っているような、作りが良いアンティークのゴールドチェーンをご希望の方には別売でお付け致します。いくつかご用意がございますので、ご希望の方には価格等をお知らせ致します(チェーンのみの販売はしておりません)。現代の18ctゴールドチェーンをご希望の方には実費でお付け致します。高級シルクコードをご希望の方にはサービスでお付け致します。


メールかお電話でお気軽にお問い合わせ下さい

メールマガジンで最新情報や特別なご案内などをお届けしております


TEL 03-6356-0672 平日&土日祝営業 AM11:00-PM20:00 不定休

文章や画像のあらゆる引用はご遠慮ください