No.00260 アール・クレール

ハート形ロッククリスタル&デマントイド・ガーネットのスケルトンのロケット・ペンダント

 

ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー
ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー

『アール・クレール』
ハートカット・ロッククリスタル ロケット・ペンダント

イギリス 1900年頃
ロッククリスタル(水晶)、デマントイドガーネット、ローズカット・ダイヤモンド、18ctゴールド(ロケット付き)
2cm×1,9cm
重量 3,6g
¥662,000-(税込10%)

重苦しい雰囲気の典型的なヴィクトリアン・ジュエリーとは正反対の、日本女性に似合う軽やかなで繊細な美しさを持つロッククリスタルのハート型ペンダントです。
当時、美意識の高い上流階級の女性たちが好んで身に着けた、小さくて控えめな雰囲気ながらも特別な存在感も放つ、明らかにお金をかけて丁寧に作られた贅沢な作りです。透明なロッククリスタルや、当時の流行の最先端であるデマントイドガーネットの特徴を最大限に生かしたデザインで、まさにレイト・ヴィクトリアンという時代ならではの魅力が詰まった宝物です。

←↑実物大
ブラウザによって大きさが違いますが、1円玉(直径2cm)を置いてみれば実物との大小比が分かります

この宝物の4つのポイント

ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー

1. レイト・ヴィクトリアンらしい軽やかな雰囲気

2. 貴重なロッククリスタルをハート型にカット

3. 透明なロケットになっている

4. 当時の流行の最先端であるウラル産デマントイドガーネットがデザイン上で効果的に使用されている

ポイント1. レイト・ヴィクトリアンらしい軽やかな雰囲気

晩年のヴィクトリア女王

このペンダントが制作されたのはレイト・ヴィクトリアンです。

ヴィクトリアンと聞くと、偉大なる大英帝国の女王ヴィクトリアだけをイメージする方が多いと思います。

しかしながら『エレガント・サーベル』でもご説明した通り、ヴィクトリア女王は1861年に最愛の夫アルバートを亡くして以降、長く引き籠もり生活となりました。

長い喪が明けて以降も、華やかな装いになることは二度とありませんでした。

アンティークの時代は王族がファッションリーダーですが、レイト・ヴィクトリアンはヴィクトリア女王ではなくアレクサンドラ皇太子妃をファッションリーダーとしてジュエリー・デザインも変化していきました。

ヴィクトリア女王(1819-1901年)80歳頃、1899年
26歳頃のヴィクトリア女王と第一子ヴィクトリア アレクサンドラ妃と長男ヴィクターと皇太子バーティ
26歳頃のヴィクトリア女王と第一子ヴィクトリア(1845年頃) 21歳頃のアレクサンドラ皇太子妃と第一子アルバート・ヴィクターと皇太子バーティ(1864-1865年頃)

ヴィクトリア女王とアレクサンドラ皇太子妃は、顔立ちや体型、性格など全てが全く異なる女性でした。どちらが優れていて劣っているという話でもありませんが、デンマーク王室時代のアレクサンドラ妃は美貌の王女として評判が高く、結婚年齢になるとヨーロッパ各国の王室から縁談が舞い込んだほどの美しさでした。

体型に関してはヴィクトリア女王は不摂生な生活はしていないにも関わらず太りやすい体質だった一方で、アレクサンドラ妃は現代人の基準で見ても細身のかなりスタイルの良い女性でした。右の写真では当時まだ流行中だったクリノリン(※参考)を使ったドレス姿なのでちょっと分かりにくいでしょうか。

ヴィクトリア女王も9人子供を産んでいますが、アレクサンドラ妃も6人を何と全て年子で生んでいるので、右のアレクサンドラは身籠もっている最中かもしれません。

26歳頃のアレクサンドラ皇太子妃と第五子モード ノルウェー王妃モード
26歳頃のアレクサンドラ皇太子妃と第五子モード(1869-1870年頃) ノルウェー王妃となった第五子モード(1869-1938年)37歳頃

クリノリンは下半身にボリュームを出すことでウエストを細く見せるためのスタイルでした。ミッド・ヴィクトリアン以降のファッションの変遷については『Pure Love』でご説明していますが、その後に流行したドレスの後ろ側にボリュームを出すバッスル・スタイルも同じようにウエストを相対的に細く見せる効果を狙ったものです。

ウエストを細く見せるためのデザインはヴィクトリア女王には必要不可欠なものですが、アレクサンドラ妃はどう考えてもそのようなスタイルは必要ありません。むしろせっかくのスタイルの良さが分かりにくくなってマイナスです。それにしてもこのスタイルの良さは遺伝なのでしょうか。腕に抱かれた愛らしいモード王女も、こんなに美しい王妃へと成長するとは・・。

18歳頃のアレクサンドラ王女 60歳頃のアレクサンドラ王妃
18歳頃のアレクサンドラ王女(1862年頃) 1890年代のアレクサンドラ皇太子妃のドレス 60歳頃のアレクサンドラ王妃(1900年代)

そんな最強の美女遺伝子を持つアレクサンドラ妃に合わせて、徐々にレイト・ヴィクトリアンの時代はエドワーディアンの時代に向かって洗練されたデザインに変化していったのです。アレクサンドラ妃が老いると共にデザインも合わせて変わっていきそうなものですが、50代でも30代にしか見えないほど若さを保っていたそうで、レイト・ヴィクトリアンからエドワーディアンにかけては高貴さ優雅さ、洗練されたイメージのファッションが主流となっています。

ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー

その洗練されたファッションに合わせて、ジュエリーも軽やかで洗練された雰囲気の作品が作られるようになっていったのです。

洗練されているとは言っても、アールデコのようにスタイリッシュで新しい時代を連想させる系統ではなく、このペンダントのようなレイト・ヴィクトリアンのハイジュエリーに優雅さや高貴さも感じられるのは、まだヨーロッパの王侯貴族が世界を主導する時代だったからとも言えます。

ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー

『SUKASHI』で詳しくご説明した通り、1914-1918年までの第一次世界大戦によって世界は大きく変貌を遂げます。

それまでのヨーロッパの王侯貴族が世界を主導する時代から、新しい勢力が主導する時代へ世界は一変しました。

現代社会は、明らかな絶対的身分の差はありません。それは良いこととも言えます。でも、優れたアンティークジュエリーは新たに生み出すことは不可能な環境となってしまいました。

ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー

軽やかで気品に満ちあふれたこのペンダントのような宝物は、王侯貴族が力を持っていた時代からの貴重な贈り物なのです。

2. 貴重なロッククリスタルをハート型にカット

ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー

このペンダントはメインの宝石として、美しいハート型にカットされたロッククリスタル(天然水晶)が使われているのも面白いです。

-ロッククリスタルとその他の水晶もどき-

天然水晶の原石

本来、このペンダントに使われているような大きさのロッククリスタルはとても貴重な宝石です。大地の奥底で、長い年月をかけて少しずつ結晶が成長してできる天然水晶ロッククリスタルは、2cm以上の大きさになると極端に少なくなるからです。

メキシコのクリスタルの洞窟
クリスタルの洞窟(メキシコ)(wikipediaより)

大きなクリスタルと聞くと、人間より遙かに大きな結晶がひしめくクリスタルの洞窟を思い出す方もいらっしゃるかもしれません。クリスタルとは言ってもこれは水晶ではなく、石膏の水和結晶である透明石膏(セレナイト:CaSO4·2H2O)の巨大結晶です。

洞窟内は気温58℃、湿度90-100%という、適切な装備がない人間は10分しか滞在できないとされる過酷な環境です。そんな超特殊な環境だからここまで結晶が育ったということでしょう。ロッククリスタルではないのはちょっと残念です。

本来貴重なはずのロッククリスタルですが、現代では高価な宝石というイメージを持っている方は殆どいらっしゃらないと思います。

天然真珠やトルコ石などと同様、本物の貴重な宝石とは言えないモノが、さも本物の宝石であるかのような顔をいて安値で出回っているからです。

消費者を欺くために、それらしい名前が付けられます。本真珠もそう、いつもそうです。

石英ガラスの人工(溶錬)水晶玉
ブラジル産の石英の結晶

ロッククリスタルは天然水晶であり、二酸化ケイ素(SiO2)が結晶してできた宝石です。

日本語では石英と呼ばれていますが、古い時代は玻璃(はり)と呼ばれて珍重されてきました。

石英の結晶(ブラジル産)(wikipediaより)

一方で人工的に作られる『石英ガラス』と呼ばれるものがあります。

石英ガラスにも大別して2種類あり、四塩化ケイ素SiCl4等の液体材料から化学的に合成して作る合成石英は不純物が少ないです。

ほぼ100%の二酸化ケイ素から成るガラス質で、結晶ではありません。

半導体や高精細な半導体を製造する際のフォトマスクなどに使われます。

大企業にいた頃は私も結構扱っていました。

合成石英ガラスでできた半導体用のフォトマスク

化学合成ではなく、粉末にした天然水晶を高温で溶解して作る溶融石英ガラスというものも存在します。

宝石品質ではない水晶に関しては、現代でも豊富に採掘することができます。

そのような水晶には10〜100ppm程度の比較的多くの金属不純物が含まれており、合成石英ガラスより性能が劣りますが、材料も製造も安く、コストメリットから様々な製品に使用されています。

溶融石英ガラスでできた計量カップ
溶融石英ガラスの"水晶玉"

溶融石英ガラスは光学用、理化学用、半導体光学用、液晶用など幅広く使用されています。照明や光ファイバーなどにも使われており、かなり身近な材料となっています。いくらでも使えるほど安い材料ということです。

さらに現代ではソーダガラスに酸化鉛などを添加して作る、透明度クリスタルガラスを使った製品が溢れかえっています。

クリスタルは結晶を表し、ガラスは非晶質なので科学的に矛盾したネーミングであるとwikipediaでもつっこまれていますが、同wikipediaで指摘されている通りマーケティング上、戦略的にクリスタルガラスというネーミングが使用されています。

クリスタルガラスのタンブラー
アールデコ クリスタル&ダイヤモンド ブローチ

これは初めてのロンドン買付の時、勉強にと現地のディーラーさんに連れて行ってもらった、ロスチャイルドの邸宅"ワデズドンマナー"で撮影した17世紀のロッククリスタルのゴブレットです。

クリスタルグラスがなかった時代は、高い透明感と硬質感を美しい宝石や食器、オブジェなどはロッククリスタルで作る以外にありませんでした。

ゴブレットが作れるような大きなロッククリスタルは存在自体が驚くべきもので、並の貴族では持つことは到底不可能です。19世紀当時、ロスチャイルド家はヴィクトリア女王をも遙かに凌ぐ財力があったことは有名ですね。

素晴らしいフォルムに加え、エングレーヴィングによる優美な彫刻模様、宝石やエナメルをあしらった作りからも、ロッククリスタルがいかに高価なものとして認識されていたかが伝わってきます。

とは言え、現代日本人にはその価値がまだちょっと伝わりにくいかもしれません。

ロッククリスタルのゴブレット(ドイツ 17世紀)ワデズドンマナー
ロスチャイルドのガーネットで作られた宝石のパイナップル

これは近くにあった、ガーネットと翡翠を使ったパイナップルのオブジェです。

『パイナップル』で詳細をご説明した通り、古い時代は貴重な南国フルーツ"パイナップル"は王族クラスの富と権力の象徴でした。

デザートが特に重要視されたルイ14世時代のヴェルサイユ宮殿での饗宴でも、パイナップルは最も貴重で費用のかさむ贅沢なフルーツとして、王の富と権力を示すべく提供されていました。

元々はこのオブジェも、そんなヴェルサイユ宮殿での饗宴でテーブルを飾っていたのかもしれませんね。

『ハニー&シナモン』でご説明した通り通常ガーネットには高級なイメージはありませんが、大きな石はとても貴重でハイジュエリーのメインストーンに使われるほど高価です。

それがこんなにゴロゴロと、ちょっと悪趣味ではないかと思えるくらい使われています。葉も翡翠でできており、このパイナップルのオブジェは材料だけ見ても恐ろしく高価なものです。

パイナップルのオブジェ(フランス 18世紀中期)ワデズドンマナー
ロスチャイルドの縞瑪瑙とルビーで作られたピッチャー

これも隣にあった縞瑪瑙のピッチャーですが、ルビーやエナメルで彩られた贅沢なものです。

ハイクラスのジュエリー以上に、飛び抜けて高価なものだったことでしょう。

現代ジュエリーの価値基準で判断する人には永遠に分かり得ない世界ですが、人間の手仕事こそが芸術を生み出せるのあり、4大宝石だから真に価値があるというわけではないのです。

縞瑪瑙のピッチャー(フランス 17世紀)ワデズドンマナー
自然の模様が面白いデンドライトアゲートとヘソナイトガーネットの贅沢な壁掛 モスアゲートとイギリス・シルバーのアンティークのナイフセット
『大自然のアート』
デンドライトアゲート プレート(壁掛)
イギリス 19世紀後期
¥387,000-(税込10%)
『幻想の美』
モスアゲート ナイフセット
イギリス(シェフィールド) 1889年
¥122,000-(税込10%)

それにしてもアンティークの時代の小物や道具は豪華すぎて驚きます。アンティークの時代のヨーロッパと違い、貧富の差が少ない現代人にとってはジュエリーにお金をかけることはできても、こうした飾りや使う道具にお金をかけるのはとても難しいことです。アンティークの時代であってもこれだけのクラスをオーダーして作らせるのは並の貴族では難しいことで、だからこそ富と権力、そして知性と教養の象徴にもなったということでしょう。

『大自然のアート』に関してはこのような面白い模様の大きなデンドライトアゲート手に入れること自体が難しいことですし、フレームにはたくさんのヘソナイトガーネットがセットされています。安物のジュエリーなど比較にならない、ハイジュエリーと同様の豪華な作りは古の王侯貴族ならではの贅沢品と言えます。

ロスチャイルドのロッククリスタルで作られた17世紀のゴブレット

それにしても、お金をかけて作られた贅沢な宝物にも関わらず、このゴブレットはアールクレール(透明な芸術)ならではの品格と清涼感を備えた美しさが際立っています。

ロッククリスタルだからこその高貴な佇まいです。

ロッククリスタルのゴブレット(ドイツ 17世紀)ワデズドンマナー

現代はクリスタルグラスとロッククリスタルが最早ごっちゃのイメージになってしまい、そこまで価値がないこんなオブジェですら8万円近い仰天価格で販売されています。

数年前に数量限定販売されたものなのでプレミアム価格が付いている可能性がありますが、モノの価格は需要と供給で決まるものなので、こんなものにそれだけの価値があると考える人がいくらでもいるということです。

クリスタルグラスは結晶(クリスタル)ではなく、あくまでも非晶質のガラスです。

バカラの限定品のクリスタルグラスのオブジェ

いくつでも量産可能な工業製品同然の安っぽい代物が、いかにもロッククリスタルと同等品のような高級品の顔をしてゴロゴロと市場に出回っているため、全く別物にも関わらずロッククリスタルに安物イメージが付いてしまったのです。

このレベルだと作りもデザインも単純過ぎて、透明度が高くガラスの代替品としても使用されるアクリル樹脂で作られたアクセサリーとも競合するので、ビジネス的にはやっていくのは難しいジャンルなのかもしれません。

そういうわけで、既にバカラも中国の投資会社フォーチュン・ファウンテン・キャピタル(FFC)に買収されてその傘下となっています。

消費者を馬鹿にしたモノづくりをやっていれば、いずれは独自の事業継続は不可能となるのです。現代だとブランドとしての価値があるため、"名前"だけは残されるわけですが・・。

バカラのクリスタルグラスのハート・ペンダント
人工水晶玉 溶錬 透明
天然水晶玉 人工(溶錬)水晶玉

溶錬水晶もクリスタルグラスも人工的に作られる材料なので、技術が改良された現代では不純物もかなり精製することが可能です。天然素材は不純物が少ないほど一般的には価値が高く評価されますが、天然素材ならではの個性ある景色もとても面白いものですし、天然の証明でもあるのです。人工物に囲まれている現代人にとっては違和感があるほどまでに無色透明なものが是という意識が刷り込まれてしまった結果、個性ある天然素材をありのまま楽しめる人が少なくなったのは残念なことです。

-貴重なロッククリスタルを贅沢にカット-

ブラジル産のロッククリスタルの原石
石英の結晶(ブラジル産)18×15×13cm(wikipediaより)
ご覧の通り、天然の水晶は不純物を含みます。原石自体は小さくなくても、ジュエリーに使うことができる宝石品質のロッククリスタルは不純物が少ない先端の限られた部分からしか採ることができません。
ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー
比較的大きな水晶の原石
この大きさのハート型ペンダントを作るために、一体どれくらい大きな原石を使用したんだろうと驚きます。
←↑実物大
ブラウザによって大きさが違いますが、1円玉(直径2cm)を置いてみれば実物との大小比が分かります
ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー

ハート型のカットは無駄が多く出ます。

せっかくの貴重かつ高価な材料の多くの部分を除去する、非常に贅沢なカットです。

だからオーダーに慣れている王侯貴族であれば、石がハート型にカットされているのを見ただけでも相当にお金をかけて作られたものであることが分かります。

ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー

形を容易に変えることのできる金属でハート型を作るのとは全く異なります。

金属の場合、余った材料は溶かして再び使うことができるので無駄はでません。

また、万が一途中で失敗しても、潰して1から作り直すことも可能です。

しかし石の加工では、一度でも失敗すればすべてが終わりです。貴重な材料がすべて台無しとなってしまいます。

ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー

また、ハートを描いたことがある方ならばご想像しやすいと思いますが、パッと見て感覚的に「美しい。」と感じられるハートを形作るのは案外とても難しいです。

二次元ですらそうですから、立体物で美しいハート型を作るのはかなり難しいです。

石の場合、ちょっと削り過ぎて予想よりバランスが崩れてしまったからと言って、金属のように肉盛りして再度削り直すということもできません。

それにも関わらず、このロッククリスタルは厚みがあるとても綺麗なハート型にカットされています。

これほどまでに美しいハートカットの石は、滅多に見ることがありません。

ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー

これだけ厚みのあるロッククリスタルを綺麗なハート型にカットするのはとても難しいからこそ、滅多に存在しないのです。

ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー

このロッククリスタルは厚みのある立体的なハートカットです。

だからこそ無色透明な石のペンダントといえども、単純に透明感を楽しむだけでなく、光の当たる角度によって変化する光沢や映り込みなどを楽しむことができるのです。

ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー 雰囲気が伝わりやすいよう、ロケットの中に青いガラスビーズを入れて撮影しています。

光の感じがダイナミックに変化し、たくさんの表情を持つペンダントなので身に着けた時に印象的で、着け映えするのが魅力です。

ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー
ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー
ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー
ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー
ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー
ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー
ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー
ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー

3. 透明なロケットになっている

ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー
このペンダントはロケットまで透明なのもポイントです。
裏 ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー
ロケットでありながらも、ハート部分が完全に透明だからこそ清涼感ある美しさが惹き立ちます。写真や布などを入れて完全に不透明にして使うのではなく、ロッククリスタルならではの透明感を楽しむためのものだと思います。
ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー

ロケットの蓋は、すべてゴールドで作ってしまえば簡単です。

しかしながらわざわざロッククリスタルをハート型にカットし、端はなだらかに面取りをしてハート型のゴールド・フレームにセットしています。

かなりの手間をかけた作りです。

裏

さりげない所にまで贅沢にお金をかけた作りが、さすが王侯貴族のハイジュエリーだと感じます。

-レイト・ヴィクトリアンのハイジュエリーの特徴-

アレクサンドラ皇太子妃

レイト・ヴィクトリアンのファッションの流行は、スタイルが良く気品に満ち溢れたファッションリーダー、アレクサンドラ皇太子妃に合わせて洗練されていきました。

でも、洗練されていった原因はそれだけではありません。

アレクサンドラ皇太子妃(1844-1925年)
『エトルリアに想いを馳せて』でも詳しく説明した通り、ミッド・ヴィクトリアンのジュエリーは成金の極みのようなジュエリーが大流行しました。
ヴィクトリアン中期のデミ・パリュール ヴィクトリアン中期のピアス

この時代のジュエリーはとにかく大きくて派手で目立ち、高そうに見えることが至上命題でした。いわゆる成金的なジュエリーです。どれだけ作りが良くてもデザイン的に受け付けられず、ヘリテイジでは買付たいと思える物がほとんど出てこないのがこの時代です。

ミッド・ヴィクトリアンの中級品
産業革命によって台頭してきた中産階級がこぞってジュエリーを買うようになったこの時代は、王侯貴族のためのハイジュエリーだけでなく小金持ちのためのミドルクラス以下のジュエリーも多く作られています。どのランクのジュエリーも、とにかく派手で目立っていかにも高そうに見えるものが作られています。

教養も財力もあるはずの王侯貴族のジュエリーですら、成金趣味の極みみたいなものばかりです。

極端なデザインがあまりにも大流行すると、陳腐化して飽きられて見向きもされなくなるのは世の常です。

流行遅れとなったちょっと後の時代になると、あんなダサいもの恥ずかしくて絶対に着けたくないと言われるほど嫌われるものですよね。

ヴィクトリア女王のオパール・ピアス(南オーストラリア美術館)
オレンジ色のストーンカメオ

ミッド・ヴィクトリアンの悪趣味すぎる成金ジュエリーの大流行の反動で、ヴィクトリアン後期になると王侯貴族はこぞって小さくて良いものを好んで着けるようになりました。

小さくて目立たないながらも、教養ある上流階級の人が見ればお金と技術がかけられた良いものであると分かるジュエリーです。

『古代の女神』
マーキーズシェイプ プチ・ストーンカメオ ペンダント
イギリス 1880年頃
SOLD

ヴィクトリアン後期も教養のない中産階級の身分の人たちはどういう物が真に良いものなのか分かりませんから、引き続き成金的なジュエリーを好んで身に着けていました。

派手でいかにも「私、高そうでしょ!」と主張するようなジュエリーを自慢げに身に着けていたら、それこそ中産階級と同レベルの教養とセンスしか持ち得ないのを自ら示しているようなもので、王侯貴族でそれをやったら赤っ恥です。

安物ジュエリーはシルバーだけだったり、メタルでできていますが、一応ハンドメイドなので現代ジュエリーよりはマシかもしれません。

左の安物はバンデッドアゲートが使われていますが、ヘリテイジでご紹介するハイジュエリーの石と違い、模様も質感も美しくありません。

レイト・ヴィクトリアンの安物ジュエリー
バンデッドアゲートとゴールドで格調高い太陽を表現した、大英帝国を象徴するアンティーク・ブローチ 上質な石にはそれに相応しい素材で優れた作りが施され、王侯貴族のためのハイジュエリーとなるものなのです。
『太陽の沈まぬ帝国』
バンデッドアゲート ブローチ
イギリス 1860年頃
¥387,000-(税込10%)
ムーンストーンのダブルハートのブローチ アンティークジュエリー

レイト・ヴィクトリアンに小さくて良いもの、分かりにくいけど良いもの、派手な色ではない良いものが王侯貴族に流行ったため、このようなジュエリーが作られるようになったのです。

このダブルハートのブローチは透明感があるムーンストーンで作られています。

ムーンストーンの場合はシラーが出るので、ロッククリスタルのハートとはまたイメージが全く異なりますね。

ムーンストーン ダブルハート・ブローチ
イギリス 1880年頃
SOLD

-アールクレール-

ロッククリスタルとルビーのヴィクトリアンのロケット・ペンダント

アールクレール。

完璧なる透明な芸術。

ロッククリスタルを使ったジュエリーには、シラーが放たれるムーンストーンだったり、色が付いている透明な宝石の分かりやすさとは全く異なる、清々しいまでに孤高の美しさがあります。

『アールクレール(透明な芸術)』
ロッククリスタル ロケットペンダント
イギリス 1870年頃
SOLD
ロッククリスタルとルビーのヴィクトリアンのロケット・ペンダント ロッククリスタルとルビーのヴィクトリアンのロケット・ペンダント

それが分かっていて意識して作られているからこそ、このロケット・ペンダントも裏側の蓋までわざわざロッククリスタルで作られているのです。布を入れるとこのようなアレンジも可能です。透明だからこそ、アレンジは無限大とも言えますね。透明感を楽しむのも良いですが、たまには気分を変えられるのもこのタイプの宝物の魅力です。

ロッククリスタルとトルコ石のヴィクトリアンのロケット・ペンダント ロッククリスタルとトルコ石のヴィクトリアンのロケット・ペンダント
ロッククリスタル ロケットペンダント
イギリス 1880年頃
SOLD

ロッククリスタルのロケット・ペンダントは市場でも滅多に見ることはありませんが、元々その良さが分かりにくく、よほど美的感性に優れた人しか作っていないせいか、センスも作りも良いものばかりという印象です。

ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー

上のペンダントは樹脂で固めてしまったものですが、透明なロケットには小さな押し花などを入れても素敵だと思います。

小さなビーズもある程度厚みがあるのですが入りました。

Genが押し花かビーズを入れてみたいと言うので、小学生時代に遊びに使っていたビーズを引っ張り出しました。

Genの方が私よりもロマンチックなものが得意そうです(笑)

ちなみにこのバカラのペンダントはロケットではありませんし、作りも安っぽいものです。

当然金具もゴールドなんて使いません。メッキです。公式サイトでは"ヴェルメイユ"と書いて高そうに見せようとしていたのが笑えました。未確認ですが、アンティークのヴェルメイユと違ってメッキも薄いと思います。

優れた宝石には優れた材料で作りを施すもの。安物は安物なりの素材と作りにしかなりません。それでも相応しい値段で販売されているならば良いのですが、なぜか現代では安物がブランドの名を標榜して高値で売られていて混乱します。消費者の立場からすると、どういう基準で選べば良いものを手に入れられるかが分かりにくすぎです。

バカラのクリスタルグラスのハート・ペンダント

4.デマントイドガーネットのセンスの良い使い方

ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー
メインのハート型ロッククリスタルのフレームには、デマントイドガーネットとダイヤモンドが交互にセットされています。あえてこれだけ小さなデマントイドガーネットを使用していることに、抜群のセンスの良さを感じます。

-デマントイドガーネットの歴史概要-

ロシアの帝国鉱物学学会のロゴ

デマントイドガーネットは『Demantoid Flower』で詳細をご説明した通り、1864年にサンクトペテルブルク鉱物学会(現:ロシア鉱物学会)で新種の鉱物として報告され、1868年にはパリ、ニューヨーク、サンクトペテルブルグなどの高級宝石店のショーウインドウを飾り、世界中の宝石愛好家に衝撃を与えました。

ロシアの帝国鉱物学学会のロゴ

デマントイド・ガーネットは5mmを超えるような大きな石は非常に稀です。

1ctを超えるような石は滅多にありません。

母岩に含まれる3-5mm程度のデマントイド・ガーネット
ウラル産デマントイド・ガーネットのアンティークのリース・ブローチ

それでもあまりにも美しいその輝きによってオランダ語で「ダイヤモンドのような」を意味するデマントイドと名付けられた独特のネオンカラーと、ダイヤモンド以上の分散度を持ち強いファイアを放つこの石は強い存在感と魅力を放ちます。

ウラル産デマントイド・ガーネット リース・ブローチ
イギリス 1880年頃
SOLD
ウラル産デマントイド・ガーネットのアンティークのブローチ

1898年のパリでの展示会後、デマントイド・ガーネットの価格は頂点に達しました。

それによって産出量も増加し、1913年には104kgが産出されました。

デマントイドガーネットを全面に打ち出したこのようなブローチもこの時代に制作されています。

デマントイド・ガーネット ブローチ 
ロシア 1900年頃
SOLD
ウラル産デマントイド・ガーネットのスズランのアンティークのロシアン・ジュエリー

独特の色と輝きを持つ石は、大きくなくとも強い存在感を放ち、石がメインのジュエリーの主役として全く違和感がありません。

『A Lilly of valley(鈴蘭)』
デマントイドガーネット ブローチ
ロシア 1910年頃
SOLD

-デマントイドガーネットにしかない魅力-

1900年のパリ万博に出品されたティファニーのモンタナサファイアとデマントイドガーネットをつかったアイリス

でも、注目したいのが脇石としてのデマントイドガーネットです。

左は1900年のパリ万博(アールヌーヴォーの祭典)にて、ティファニーの展示品の主役として出展されたモンタナサファイアの実物大のアイリスです。

高さ24.1cmの大作です。

葉がデマントイドガーネットで表現されています。

アイリス(ティファニー 1900年頃)ウォルターズ美術館蔵
ジョージ・フレデリック・クンツ

ティファニーの大いなる繁栄に貢献した偉大なる鉱物学者であり宝石学者のクンツ博士が、デマントイドガーネットに魅了されてロシアまでわざわざ足を運んだのは有名な話です。

ジョージ・フレデリック・クンツ(1856-1932年)
ルイス・カムフォート・ティファニー

世界中の注目を集め、過去最大の4800万人を動員した1900年のパリ万博は、"芸術的かつラグジュアリー"と評される当時の世界のビッグ・スリーのジュエラーが一堂に会した最初で最後の万博でした。

・ロシアの天才プロデューサーのファベルジェ
・フランスのアールヌーヴォーの巨匠ルネ・ラリック
・アメリカの天才ルイス・カムフォートのティファニー

しかしながら『MODERN STYLE』で詳細をご説明した通り、ティファニー創業者の息子でありアメリカのアールヌーヴォーの第一人者と言われるルイス・カムフォート・ティファニーが得意としたのはステンドグラス・アートです。

ルイス・カムフォート・ティファニー(1848-1933年)
1900年のパリ万博でグランプリを受賞したルイス・カムフォート・ティファニー制作のステンドグラス「四季」の冬

ルイス・カムフォート・ティファニーが制作した連作『四季』が、実際にこのパリ万博で最高賞であるグランプリを受賞しています。

『四季 -冬-』(1899-1890年頃)ルイス・カムフォート・ティファニー作 、モース美術館蔵
19世紀の天才デザイナー、ジョージ・パウルディング・ファーナム

 

『天空のオルゴールメリー』でご説明した通り、ジュエリー部門の真のデザイナーはジョージ・パウルディング・ファーナムです。

19世紀における傑出したデザイナーと評されるファーナムは1885年にティファニー入社後すぐに巧みで革新的なアーティストとしてその地位を確立し、1889年のパリ万博に出展するためのジュエリー部門の責任者として活躍しています。

ジョージ・パウルディング・ファーナム(1859-1927年)1900年
ティファニーのジョージ・パウルディング・ファーハムのデザインの1889年パリ万博で金賞を受賞した蘭のブローチ

 

この1889年のパリ万博で、ティファニーは前例のない1社で6つもの金賞を受賞しました。

特に大きなインパクトを与えたのが、ファーナムがデザインしたこの金賞受賞の等身大の蘭のブローチです。

ファーナムはこの快挙によってティファニー成功の立役者、かつ天才的なジュエリーデザイナーとして知られるようになりました。

『蘭のブローチ』(1889年パリ万博のティファニー出品作品)ジョージ・パウルディング・ファーナムのデザイン
1900年のパリ万博に出品されたティファニーのモンタナサファイアとデマントイドガーネットをつかったアイリス

その天才がデザインし、待望の万博グランプリを受賞したのがアイリスです。クンツ博士を魅了したデマントイドガーネットは、小さな葉の表現に使用されています。主役はアメリカの宝石『モンタナサファイア』のアヤメですが、その脇役として実に良い仕事をしています。

超拡大しても、葉先のデマントイドガーネットはとても小さいのに、見事に石留されています。これだけ小さなものでもデザイン上必要としたからセットされているわけですし、アメリカでもこれくらい凄いものが作れるんだぞという職人のプライドもひしひしと感じる傑作です。

モンタナサファイアのアイリス

鮮やかなネオンカラーで独特の存在感を放つデマントイドガーネットだからこそ成立する作品です。

同じグリーン系のカラーでも、エメラルドやペリドットなどではこの大きさでは存在感を発揮することができず、パンチ不足でモンタナサファイアの惹き立て役にはなれなかったと思います。

アイリス(ティファニー 1900年頃)ウォルターズ美術館蔵
1900年のパリ万博に出品されたティファニーのアイリスのピンクトルマリンとデマントイドガーネットのブローチ

モンタナサファイアでは、デマントイドガーネットが意識して脇役として使われていることが分かるのがもう1つの出品作品であるピンクトルマリンのアヤメです。

こちらも12.7cmほどの大品です。

お花の作品はどうしても花の方に目がいきますが、こちらは明らかにデマントイドガーネットで作られた葉が主役です。

1898年のパリでの展示会後、価格が頂点に達したと言われるデマントイド・ガーネットに相応しい扱いであり、とてもアーティスティックです。

ファーナムが天才デザイナーと評されていたのも納得です。

『アイリス』
ティファニー 1900-1901年頃
プリマヴェラ・ギャラリー蔵
ファベルジェのエッグ「春の花々」

同時代のもう1人天才、ファベルジェもデマントイド・ガーネットを好んで使っていたと言われています。

アーティストとしての才能あるジュエラーは宝石自体の価値で評価されることを良しとしません。

ファベルジェも当然そうで、ロシアで皇帝御用達だからこそいくらでも石は手に入るはずなのに、左の『春の花々』では主役の花の雌しべとしてとても小さなデマントイドガーネットが使われています。

『春の花々』(1899年)ファベルジェ作、ファベルジェ美術館蔵
ファベルジェ作のデマントイドガーネットとロッククリスタルによる冬のエッグ
『冬』(1913年)ファベルジェ作
ファベルジェ作のデマントイドガーネットとロッククリスタルによる冬のエッグ

もう1つの有名な作品『冬』のエッグは、ロッククリスタルで作られたエッグが主役です。

"冬"の中で春を待ちわびる白く清らかな春の花々の雌しべには、やはりデマントイドガーネットが使われています。

ホワイトクォーツの花々の清楚な印象を邪魔することなくさらに惹き立て、鮮やかな色と煌めきが春の明るいイメージをも彷彿とさせてくれる、最高の名脇役としてその魅力を発揮しています。

-デマントイドガーネットの効果的な使い方-

ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー

主役だけでなく、最高の名脇役となれるのがデマントイドガーネットならではの魅力です。

この作品のデマントイドガーネットも、主役のハートカット・ロッククリスタルを邪魔することなく、より惹き立てるためのデザインになっています。

これより大きいとデマントイドガーネットの方が目立ってしまい、せっかくの素晴らしいハートカット・ロッククリスタルが台無しです。

ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー

さらにフレームの石全てがデマントイドガーネットではないこともポイントです。

小さくてもデマントイドガーネットは絶大な存在感を放つので、全部がデマントイドガーネットだとデマントイドガーネットがメインのジュエリーになってしまいます。

あくまでも主役はハートカット・ロッククリスタルなのです。

ウラル産デマントイド・ガーネットとダイヤモンドのアンティーク・リング

デマントイドガーネットと同列で、交互に使うのに最高の宝石がダイヤモンドです。

「ダイヤモンドのような」と名付けられる通り、ダイヤモンドのような強い輝きを放つデマントイドガーネットの同格のパートナーとして、ダイヤモンドは最適です。

ウラル産デマントイド・ガーネットとダイヤモンドのアンティーク・リング
ウラル産デマントイド・ガーネット&ダイヤモンド リング
イギリス? 1880年頃
SOLD
ウラル産デマントイド・ガーネットとダイヤモンドのアンティークのバーブローチ

このバーブローチでも意図的に同じ大きさの石が使われていますが、全ての石から主役と言えるような強い魅力が放たれています。

『Demantoid Flower』 
デマントイド・ガーネット&ダイヤモンド バーブローチ
イギリス 1880年頃
SOLD
ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー

控えめながらもきちんと存在感も放つ、小さなデマントイドガーネットとダイヤモンドの組み合わせが、このペンダントに最高のバランスをもたらしています。

フレームの石の繊細な輝きによって、ロッククリスタルによる透明な芸術の繊細さな美しさがより際立つのです。

非常に計算されたデザインです。

ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー
デマントイドガーネットは小さいながらも色と照りの良い上質な石が使用されています。デマントイドガーネットの明るいネオンカラーは透明なロッククリスタルやダイヤモンドの清楚なイメージを邪魔せず、鮮やかで暖かなグリーンカラーがハートというモチーフをより慈愛に満ちたものへと印象を深くしています。
ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー

1つポイントなのが、これだけ小さな石でも鮮やかな発色であることです。

石が大きく厚みが増すほど、石自体の色が濃くなくても全体で濃く発色できるようになります。

これだけ小さくてこのように鮮やかに発色できるのは、石自体がかなり上質でなければ不可能です。

小さい石の場合、大きな石をカットした後の破片を使う場合もありますが、そういう石の場合は端のあまり良くない部分となるので発色や照りが美しくなることはあり得ません。

その点で、小さいながらも明らかに上質な石が使われてることが分かるのです。

←↑実物大
ブラウザによって大きさが違いますが、1円玉(直径2cm)を置いてみれば実物との大小比が分かります
ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー
ダイヤモンドについては、ローズカットであることもポイントです。オールドヨーロピアンカットだと輝きが強すぎて全体のイメージが崩れてしまいます。透明感と控えめで繊細な輝きが魅力のローズカット・ダイヤモンドこそ、このペンダントに相応しいのです。
ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー

当時の流行の最先端の石であったロシア産のデマントイドガーネットを使っていることからも、間違いなく王侯貴族のために作られたハイクラスのジュエリーであると言えます。

レイトヴィクトリアンらしい、控えめながらも上質なデザインと作りが日本人女性によく似合うジュエリーだと思います。

同じ時代に作られた同じガーネット族のジュエリーでも、大衆向けはこんな品のない成金的なもので溢れています。

アンティークジュエリーでも数少ない優れたものと、大半のそうではないものがあります。

王侯貴族のためのハイジュエリーと大衆向けのジュエリーは明確に違うのです。

裏側

裏

裏側も綺麗な作りです。

ロケットもしっかり閉まりますので、実際に様々なものを入れて楽しんでいただけます。

 

ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー 拡大画像なので迫力あるペンダントに見えますが、実物は軽やかで清楚な着けやすい大きさです。
ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー
←↑実物大
ブラウザによって大きさが違いますが、1円玉(直径2cm)を置いてみれば実物との大小比が分かります

撮影に使っているような、作りが良いアンティークのゴールドチェーンをご希望の方には別売でお付け致します。いくつかご用意がございますので、ご希望の方には価格等をお知らせ致します(チェーンのみの販売はしておりません)。現代の18ctゴールドチェーンをご希望の方には実費でお付け致します。高級シルクコード又はリボンをご希望の方にはサービスでお付け致します。

ブリストル・ブルーグラスのペンダント アンティークジュエリー ブリストル・ブルーグラス&細密画のペンダント アンティークジュエリー

リボンはベルベットの他、ストレッチのきいたオーガンジーリボンもご用意があります。このようなベージュのシースルーだと肌の上では存在感がなくなり、ペンダントだけが目立つ見た目になるので今回の軽やかなペンダントにオススメです。この画像は別の宝物を使った参考画像です。

ロッククリスタル ハート型 ロケットペンダント アンティーク・ジュエリー

清涼感たっぷりのロッククリスタルのハートは夏の暑い季節にはもちろんピッタリですが、それ以外の季節でも中に入れるものや下にあわせる洋服の布地の色で表情を変えることができるので、季節を通して楽しんでいただけると思います。

コーディネートの幅は無限大、とっても楽しい宝物です♪